ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
キングジム社の“文字だけ入力マシン”、「pomera」

pomeraは文庫本サイズ、拡張するとキーピッチは17mm。11月10日発売、希望小売価格2万7800円
 キングジム社から突然こんな電子デバイスが出てくるとは、筆者も含め、ほとんどの人にとって想定外だったのではないだろうか。

 「pomera(ポメラ)」と名付けられた商品は、折り畳み式のQWERTY(パソコンキー配列)キーボードを採用し、重さは370g。仕様を見ると、単4乾電池2個で、約20時間も使える。昨今のケータイ、ゲーム機にも標準搭載されていることの多い、ジャストシステムの日本語入力ソフト「ATOK」を標準搭載している。

 pomeraは、時代錯誤とも思えるアスペクト比4:3の4インチモノクロ液晶を搭載し、最大8000文字のテキストファイルを標準搭載の本体メモリーに6個まで記録可能だ。

 標準搭載の最大2GBまで対応のmicroSDカードスロットにmicroSDカードを挿入することで、メモリ不足を解消可能だ。また、拡張機能のUSBポート経由でパソコンとケーブル接続すれば、pomeraをUSBメモリと認識し、両者間でファイルのやりとりを簡単に実現できる。


ポメラはiPhoneより大きく、コンパクトDVDプレーヤーより小さい 筆者愛用のNoki+REUDO折りたたみキーボードと雰囲気が似ていなくもない ワープロの装飾文字機能を除けば往年のワードバンクノートとコンセプトは近い

 メーカー製miniPCが数万円以下で手に入る時代の趨勢を思えば、価格的には驚くほどではないが、「pomera」は、筆者の前頭葉をビリビリと直撃した。思えば昔、エプソン社から発売された「ワードバンクノート」、その後の「HP95〜200LX」にも通じる共通点である「ミニマル」(必要最小限)志向を感じ取れたからかもしれない。

 筆者にとって、pomeraは限りなく理想に近い“文字入力マシン”だが、唯一の気がかりはデータのエクスポート方法だ。文字入力専用マシンと言えども、USBとmicroSDだけというのは少々残念だ。

 ただし、ネット環境に対応する拡張は、当然コストアップと電池駆動の時間を縮めることは明らかだ。筆者は、Nokiaケータイとの組み合わせで、pomeraで入力したテキストファイルをmicroSD経由でNokiaケータイに渡し、ケータイからネットに送り出している。

 時代の流れは百も承知で、コスト優先、オフライン機能優先、ミニマル志向を実現する究極の判断として、キングジム社があえてネット対応を切り捨てたのなら、現在のpomeraのある姿は間違いなく正しいだろう。


ケータイと組み合わせることでポメラはネット対応も可能となる ポメラとPCをUSBケーブル接続すればデータのやりとりは簡単にできる 筆者はポメラとPC、ポメラとケータイのデータ交換をアダプタ付きのmicroSDで実現

24ドット/32ドット/48ドットと3つのサイズのフォント切り替えでビューイメージを変えて使用できる

 「pomera」で唯一、筆者が違和感を覚えたのが、同社パンフレットに「ターゲットユーザーは会議で議事録をとり、講義やセミナーでメモをとる普通のビジネスピープルだ」と、明確に書かれている点だ。

 というのも、ごく普通のビジネスマンからマニアックな人まで、筆者の周囲で意見を聞いてみた。その結果、「何かの役に立てたい」と考える真面目なビジネスマンは、「pomera」のメーカー希望小売価格2万7300円を「高い!」と評価。一方で、「何の役にも立たなくても構わない!」と吠える人は2万7300円を「安い!」と言い切るのだ。

 そういう意味でも、pomeraはきわめて面白い商品だと言えるだろう。今回買った人や買わなかった人の声をもとに、今後どういう方向に進化を遂げるのか、非常に楽しみなマシンだ。

 ちなみに、希望小売価格は2万7300円だが、大手量販店などの価格をみると、実際にはもう少し安く購入できるようだ。

商品名 希望小売価格 販売元
デジタルメモ「pomera」 2万7300円 キングジム



URL
  「pomera(ポメラ)」製品情報(キングジム)
  http://www.kingjim.co.jp/pomera/


(ゼロ・ハリ)
2008/11/10 11:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.