記事検索

月別アーカイブ

iPhoneの写真は地図上で楽しめる

2009年12月8日 11:00
(白根雅彦)

 最近、iPhoneのカメラを使うことが増えた。というのも、写真の撮影場所を示す情報、「ジオタグ」の楽しさに目覚めたからだ。

 ジオタグを自動記録できるカメラは少ない。たいていはGPSロガーなどが別途必要となる。GPSなどで位置情報を取れるケータイですら、ジオタグを付与するにはひと手間かかったりする。日常のスナップ撮影にそれらは面倒だ。しかしiPhoneの場合、特別な手順を踏むことなく、撮影した写真すべてに自動的にジオタグが記録されるようになっている。これが良い。

 ジオタグなんて要らない、という人も多いかとは思う。しかしMacだと標準的な写真ライブラリ管理ソフトであるiPhotoに位置情報ベースで写真を仕分けする機能が付いているため、ジオタグを活用しやすい。散歩や旅行で撮った写真を地図上で見ながら、「あぁここでこんな写真を撮った」「あのときはここにも行ったなぁ」などとあとで振り返ることができる。地図だけでなく自動で撮影地近辺の施設名でも分類してくれるのも便利だ。

 さまざまな場所で写真を撮ることでiPhotoの地図に表示される赤いピンが増えていくのは、地図を眺めるだけで1日つぶせるわたしにとっては、それだけでかなり楽しめる。iPhoneで写真を撮る機会が増えたので、ホームボタン2度押しでカメラを起動できるようにiPhoneの設定も変えてしまった。

 しかしこうやって多用するようになると、iPhoneのカメラ機能のシンプルぶりが残念に思えてくる。わたしはプリントアウトはしないので、画素数は3メガで十分だが、iPhone標準のカメラ機能はあまりにシンプルすぎるのだ。日本のケータイのカメラでは常識の手ぶれ補正などはもちろん、ごく基本的な露出補正すらできないのが痛い。また、タッチパネルでシャッターを切るというのも、普通のカメラに慣れているとどうにも撮りづらい。

 このような悩みはたいていApp Storeで解決できるが、どうにもジオタグを記録できるカメラアプリが少ないようだ。まだベストなカメラアプリは見つかっていない。アプリだけでなく、ケースなどの周辺機器の工夫でも撮影しやすくなる気もする。iPhoneのカメラ機能を使いやすくするためには、まだまだ試行錯誤を続ける必要がありそうだ。


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.