記事検索

月別アーカイブ

IS02の文字入力は、なかなか快適です!

2010年8月30日 06:00
(村元正剛)

 ここ数年、ケータイ+スマートフォンの2台持ちを続けているが、最近「果たして、それって本当に便利なのだろうか?」という疑念も抱いている。いや、むしろ「やっぱり2台を持ち歩くのは面倒だなぁ〜」と感じ始めている。

 外出時は、手荷物が少ないに越したことはない。とくに薄着になる夏場は、手ぶらで出かけるときは、パンツのポケットにしか物を入れられない。1台でひと通りのことができるスマホだけで十分ではないか……、そんな当たり前のことを思ったりするわけだ。

 ボクは現在、主に通話用としてauのSH005、ネット接続用としてiPhone 4を使っている。iPhone 4に一本化できればいいのだが、それには、まだ若干の不安がある。ときどき帰省する大阪の実家(富田林市)では繋がりにくいことがあり、混雑する場所でも接続が不安定になることがあるのが現状。また、タッチでの文字入力は、短いメッセージをやり取りするには支障がないが、長い文章を入力するときはイライラしてしまうこともある。

 そこで、先月からトライアルとして使い始めたのがauのIS02だ。Windows Mobile 6.5を搭載する端末だが、普段はiPhoneと同じようにタッチで操作して、文字入力の際はスライド式のフルキーボードを引き出して使えるという点が気に入って購入した。AndoidはHT-03AやXperiaで使用経験済みなので、久しぶりにWindows Phoneを試してみたいという気持ちもあった。

 実際に使ってみると、期待していた通り「なかなかいいじゃん!」という印象だ。いろいろ書きたいことはあるのだが、今回は文字入力で気に入っていることを書かせていただく。

 IS02は、ケータイ式のテンキー、QWERTY配列、あかさたな配列の3種類のソフトウェアキーボードを表示できるのだが、ボクはテンキーを使っている。このテンキーだが、親指が押しやすい位置に表示されるので、片手でも無理なく指を動かせて、実にスイスイと入力できる。ATOKが搭載されており、予測変換もかなり賢い印象だ。

 入力する文章が長くなりそうなときはカシャッとスライドすると、両手の親指でプチプチと押すフルキーボード入力に切り替えられる。このスタイルにすると、ソフトウェアキーボードを表示しない分、画面が広く使えるので、メール本文の視認性が向上する。Nキーを押して新規メール作成画面、Sキーを押して送受信、Rキーで返信など、PCライクなショートカットも備えているので、使い続けるほどにスピーディーに操作できるようになる。加えて、これは感覚的なことに過ぎないのだが、電車の中などでIS02を使っていると、「モバイルを使いこなしてます!」的な優越感というか、心地よさも得られる。まぁ、周囲の人は「それってドコモの? それともauの?」くらいにしか思っていないのかもしれないが……。

 ここ2年ほどiPhoneをメインに使っていて、自身Macユーザーでもあるので、“iPhone信者”になりかけたが、今度続々と増えていくであろうスマホから自分に最適な1台を選ぶためには、じっくり使い比べてみることが大切だなぁ〜と思う今日この頃であります。