記事検索

月別アーカイブ

光ポータブルで、「FLET'S SPOT」に接続してみた

2010年11月17日 06:00
(すずまり)

 普段iPhone 4利用時に、駅のホームなどで検出することはあっても、無縁な存在に思えて、すっかり失念していた「FLET'S SPOT」。毎月210円払っていることを思い出し、使ってみなければという気になりました。

 ただ、残念なことに、自宅周辺にほとんどスポットがないのです(だから忘れてしまうという説も)。駅以外で検索されるのは、エクセルシオールカフェくらい? なのに行ってみると「FLET'S SPOT」が検出できない?!

 仕方ないので駅まで出向き、改札近くで試してみました。すんなり切り替わると思っていたら、いつまでたっても接続先はイー・モバイルのまま……。最初に設定したのに? と思いつつ、その場でiPhone 4のSafariを使って、PWR-100Fの設定画面(192.168.11.1)にアクセス。再びユーザー名とパスワードを設定したにも関わらず、ぜーんぜんつながらない!!

 場所が悪いのかもと改札に入り、ホームで試したけどダメ。ええい、こうなったら新宿まで行ってしまえー! と電車(京王線)に乗り、わざわざ新宿駅まで行ったのに、エラーではじかれる始末。ガックリ肩を落としながら帰宅し、原因を調べてみたら、どうも「プロバイダー・ユーザー名」と「プロバイダー・パスワード」に問題がありそうだと判明しました。

問題の設定箇所。つながって当たり前の生活をしていたので、ISPを経由していることすら忘れていた!

 契約時にもらった紙に書かれていた情報だけでアクセスすると思っていたのですが、「プロバイダー・ユーザー名」と「プロバイダー・パスワード」に入力するのは、フレッツ光の接続で使用している(契約している)インターネット・サービス・プロバイダーのアカウント情報だったのです。いやーお恥ずかしい!(苦笑)

 自宅ではテスト接続できないので、いそいそと再び最寄り駅の改札付近に出向きました。iPhone 4で「FLET'S SPOT」を検出できることを確認したら、ISPの接続アカウント情報を入力。すると、あっさりとテスト接続に成功してしまいました。

 光ポータブル経由でインターネットに接続すると、iPhone側ではいつも無線LAN接続のマークになります。回線がイー・モバイルでもそう。ですから、「FLET'S SPOT」に接続できているか確認するには、ランプの色をチェックします。

 PWR-100FのWIRELESSランプが、青いときは3G回線接続、緑色になっていたら無線LAN接続、赤なら圏外など。黄色で点滅していたら、スタンバイモードです。

 テスト接続では、無事緑色のランプが点灯。さっそくiPhone 4で撮影した約2MBの写真をメールに添付して送信したところ、はやっ! 3G回線のときの数倍? いやもっと速かったかもしれません。自宅の無線LAN環境並にサクッと送信できてビックリ。しかも毎月210円固定! これまで活用していなかったことを激しく後悔!

 しゃがみこんで、iPhone 4とPWR-100Fを握りしめている様子はさぞかし怪しかったと思いますが、当人はそのスピードにいたく感動していたのでありました。

無事「FLET'S SPOT」につながり、WIRELESSランプが緑色になった 「FLET'S SPOT」の圏外にでると、回線は自動的にイー・モバイルになった