記事検索

月別アーカイブ

特定アプリを非表示にするARROWS X LTEのプライバシー機能

2012年1月31日 06:00
(甲斐祐樹)

 携帯電話では、指紋認証センサーやプライバシーモードなどセキュリティ機能の充実が特徴だった富士通。ARROWS X LTEも携帯電話ほどではないもののプライバシー機能を搭載しています。

 標準搭載しているホーム画面のうち、富士通東芝製の「NX! comfort UI」で利用できるのが、特定のアプリを非表示にできる「アプリケーションシークレット」。アプリ一覧画面でメニューボタンを押し、「その他」「アプリケーションシークレット設定」から設定が可能です。

 シークレット設定が終わったら、今度はホーム画面でメニューボタンを押し、「その他」「アプリケーションシークレット切替」を選択、あらかじめ設定してあるパスワードやパターン認証を入力することでアプリケーションシークレット切替を設定できます。アプリはホーム画面だけでなくアプリ一覧画面やドックに設定したアプリでも非表示にできます。

 ただし、アプリは表示されないだけで実際には起動しているので、メールアプリを非表示にしても新着メールがあればステータスバーに表示されてしまいます。また、設定画面の「アプリケーション」一覧には非表示にしたアプリも表示され、ホーム画面そのものを切り替えてしまえば非表示も関係なくなってしまうので、現状のところ「完璧にアプリを隠せる」とまではいえません。

 前回も書いた通り、携帯電話に搭載されていた機能が少しずつAndroidにも搭載されてはいますが、こうしたメーカーごとの独自機能はまだまだ携帯電話並みとは行かなそう。2012年はこうしたメーカーごと独自の機能がAndroidでもどんどん搭載されていくといいなと思います。
アプリ一覧画面から「アプリケーションシークレット設定」が可能 アプリケーションシークレット設定起動時に表示される使い方ガイド 非表示にしたいアプリにチェックを入れる
ホーム画面から「アプリケーションシークレット切替」を選択 シークレット設定していた「mobage」アプリが非表示に 設定の「アプリケーション」では「mobage」が表示される