記事検索

月別アーカイブ

iPadは肩関節周囲炎(四十肩)に優しかった

2012年4月11日 06:00
(すずまり)

 新しいiPad発売日当日、我が家にもそれがやってきました。小さな文字もシャキっと見えて、ウワサ通りのディスプレイに感激! 実はこのクオリティをiPad 2で期待していたのです。その前にiPhone 4が発売されていましたし、当然iPadもクッキリしているのだろうと。でもiPad 2は違ってた……。ですから、今回のディスプレイは待ちに待ったものだったのです。

 おかげで、iPad 2以上に利用頻度が上がりました。リビングで見ていたノートパソコンは隅に追いやられ、その代わり常に新しいiPadがあります。電子書籍の雑誌の文字が、格段に読みやすくなったというのも非常にうれしいです。以前も、そのまま読めたことは読めたのですが、文字のにじみが気になったので、あまり手が伸びなかったというのが正直なところ。今は違和感なく読めるため、長風呂に拍車がかかっています。

 そんなある日、右腕の付け根に突然痛みが走りました。特に重たいものを持ったわけでもなく、普通にデスクに向かって仕事をしている最中の激痛です。あれよあれよという間に、腕が動かせなくなりました。病院での診断は「肩関節周囲炎」。いわゆる「四十肩」や「五十肩」と呼ばれるものです……。

「この経験を書こう」と思ったがタイプできなかったので、音声でメモした。ほとんど間違えることなくテキストに変換されるのには驚き

 あえて若い方の「四十肩」と呼ばせていただきますが、「四十肩」って本当に何もできなくなりますね。着替えだけでも、激痛で顔がゆがんでしまいました。何より困ったのは、キーボードが打てなくなったことでした。仕事ができなくなったらお手上げです(腕は上がりませんけど)。腕をL字型に曲げた状態で、キーボードに手を乗せられないのです。なんとか乗せても、痛みで右手用のキーが打てません。しばらくは左手だけで入力していましたが、遅すぎる(苦笑)。「ノートパソコンなら大丈夫なんじゃないか?」と思って試してみました。しかし、キーボードの位置や角度が災いするのか、痛みが走って集中できませんでした。

 そんな私を助けてくれたのがiPadでした。タブレット用のスタンドに立てかけるとキーに触れやすく、余計な負荷をかけずに入力できました。腕を前に出さなくていいというスタイルがよかったようです。特に痛みがひどかった初期の頃は、音声入力が最高に便利でした。左手は問題ないので、スマートフォンを使えばメールの返信などはできるんですが、画面サイズを考えると、引用ありの長文メールは、やはり大きめの画面で操作できるとうれしい。そのあたりもiPadがカバーしてくれたというわけです。

 これを書いている今は9割以上回復しておりまして、入力にまったく支障がありません。でも、もしまた痛みが復活しても、iPadがあるからと思えるので、仕事面に関してはちょっと気が楽です。
手入力の際は、縦に立てると最小限の動きで入力できた スタンドは角度を調整しやすいものがいいようだ