記事検索

月別アーカイブ

貯まった写真をサクっと表示、Facebookアルバムに投稿

2012年7月4日 06:00
(津田啓夢)

 「GALAXY SII WiMAX」を使い出して4カ月が過ぎた。食事を中心に毎日のように写真を撮っているので、端末のメモリにはたくさんの写真データが貯まっている。前回も少し話題にしたが、食事のログが記録できるアプリ「SnapDish」がとても楽しい。その対抗馬と目されるアプリ「miil」もiPhoneだけでなく、Android向けのベータユーザーの募集が開始された。ますます楽しみである。

 ところで、皆さんはこの貯まってきた写真をどうやって管理しているだろう。Androidの「ギャラリー」はなんとなく、もたもたした印象で「GALAXY SII WiMAX」のサクサクした動作が期待できず、正直言って筆者にはしっくりこない。かつては、PicasaやEvernoteでクラウド上に管理していたこともあったが、なんとなくクラウド上に画像を置くことに不安があってやめてしまった。

 そこで最近、Android向けの画像管理アプリ「QuickPic」(無料)を使うようにしている。特に珍しいアプリではないが、シンプルでサクサクと速い。サムネイル画像が正方形にトリミングされるので、正方形写真のInstagramフォルダをチェックする時にはさらに気持ちがいい。「QuickPic」からTwitterやFacebook、Picasaなどさまざまなサービスとソーシャル連携も可能だ。

 「QuickPic」からFacebookに直接画像を投稿できるが、Facebookへの投稿については「Speedy Uploader LITE」という別のアプリを呼び出して投稿している。このアプリでは、Facebookへ画像を投稿する際、Facebook内のアルバムを指定して投稿が可能だ。かつてのFacebookアプリは、スマートフォンからアルバムを指定して投稿ができたが、アプリがバージョンアップして以来、アルバムを指定した投稿ができなくなってしまったようだ。以来、Speedy Uploaderで自分のFacebookアルバムをせっせと育てている。

QuickPic Speedy Uploader LITE