記事検索

月別アーカイブ

【MEDIAS X N-07D】

撮りたいときがシャッターチャンス

2012年7月26日 06:00
(法林岳之)
MEDIAS X N-07Dで撮影。撮影日は曇り空だったけど、十分にきれいに撮れる(写真をクリックで拡大、約2.72MB)

 ケータイの重要な機能の1つであるカメラは、スマートフォンでも欠かせない機能の1つ。特に、FacebookやTwitterといったソーシャルサービスを使っていく上で、写真があるのとないのでは、だいぶ説得力というか、アピールの強さが違う。

 MEDIAS X N-07Dに搭載されているのは、メインカメラが裏面照射型CMOSセンサーによる810万画素、ディスプレイ左上に備えられたインカメラは130万画素という構成。裏面照射型CMOSセンサーは「Exmor R for mobile」で、従来のCMOSセンサーに比べ、薄暗い場所や夜景などにも強く、明るくきれいな撮影が可能。これからのシーズンは夜景を撮ったりすることも多いだろうけど、そういったシチュエーションでも効果を発揮する。

 そして、Nケータイのカメラでおなじみの機能と言えば、やはり、「瞬撮カメラ」。約0.6秒の瞬速起動、約0.3秒間隔の瞬速撮影で、撮りたいときにすぐに撮影できるので、シャッターチャンスを逃さない。ちなみに、起動については、ロック画面でカメラのアイコンをタッチするだけ。パターンやロックNo.によるロック解除セキュリティが設定されているときは、ロック画面にカメラのアイコンが表示されないので、ホーム画面にショートカットを貼っておくのがおすすめだ。

 インカメラの使い道については、どちらかと言えば、女性向きかな。自分撮りやツーショット撮影にも便利だけど、女性が手に持って、腕を伸ばしたときでも十分に上半身が写るように、画角は広角に設定されている。もちろん、Android 4.0から標準で実装された顔認証についても対応しており、設定すれば、瞬時にロックを解除できる。万が一、ロック解除ができないときのために、「パターン」と「ロックNo.」のいずれかで解除することが可能だ。
インカメラはAndroid 4.0標準のフェイスアンロックにも利用する 手軽に使いたいときには便利だけど、よりセキュリティを求めるなら、PINやパターンがおすすめ
万が一、フェイスアンロックで解除できないときは、パターンか、ロックNo.で解除できる ロック解除セキュリティがタッチのときは、ロック画面から瞬時にカメラを起動できる

 もっと女性向きのカメラ関連機能としては、従来のMEDIASシリーズから提供されてきた「Style up Closet」が挙げられる。残念ながら、プリインストールはされていないが、アプリケーション一覧にある「MEDIAS NAVI」を起動してサイトに接続し、「MEDIASアプリ」を選べば、NECカシオが提供するアプリの一覧が表示されるので、そこからインストールすることができる。

 同じく「MEDIASアプリ」のラインアップで、ちょっと面白そうなのが「field sign(フィールドサイン)」というアプリ。「フィールド=野外、屋外」に「サイン=合図、記号、看板」という言葉の組み合わせなので、何となく、想像できちゃうかもしれないけど、街中などで気になるものを見かけたら、その場で写真や思いついたメッセージを地図上に投稿したり、他人が投稿したものを拾って、集められるというサービス。投稿は基本的に匿名なので、あまりプライバシーに神経質にならずに使えるし、いろんな発見がありそうな感じ。東京の新宿駅あたりを歩いていると、次々と投稿が受信されて、何となく、新鮮な感じ。

ちょっと不思議な位置情報アプリ「field sign」。位置情報を使って、写真やメッセージを地図上に投稿したり、他の人が投稿した写真やメッセージを受信できる 写真に関連付けられた場所を地図で表示可能。投稿されたメッセージと自分のメッセージを結びつけることもできる
撮影時の位置情報の記録は常時ONにするだけでなく、一時的にONに切り替えて、撮影終了時に自動的にOFFに設定することも可能

 ところで、スマートフォンのカメラで気になるのが位置情報によるプライバシーの問題。位置情報をONにしているのか、OFFにしているのかを意識しないといけない。ここは位置を記録して写真を撮ろうと思い、写真を撮ってみたものの、その後、位置情報のOFFにするのを忘れていて、つい、そのまま、どこかに投稿してしまったり……。男性はまだいいけど、女性はこの辺、気をつけたいでしょうね。

 MEDIAS X N-07Dの場合、当然のことながら、位置情報のON/OFFはいつでも切り替えられるんだけど、実は「ONに切り替えるけど、カメラ終了時には自動的にOFF」という設定が選べる。つまり、位置情報を記録したいときだけ、ONに切り替え、あとは自動的にOFFという使い方ができる。これもなかなか便利な機能だ。この夏、どこかに出かけたら、たまには位置情報付きで写真をどこかに投稿してみては?