記事検索

月別アーカイブ

【iPhone 5】

iPhone 5をもっと便利に、快適に

2012年10月15日 06:00
(法林岳之)

 iPhone 5の発売からそろそろ1カ月近くが経ち、販売を開始したばかりの頃に予約した人たちの手にも行き渡ってきているようだ。

 ボク自身もauとソフトバンクのiPhone 4SをそれぞれiPhone 5に機種変更した。仕事があるとは言え、両社とも毎年、機種変更するのはちょっとイタい気もするけど、どちらかと言えば、発表直後の予約競争の方がもっとしんどい気がする。もう少しスムーズに買えるようにならないもんですかね。そもそも機種代金や料金プランが直前まで発表されず、予約開始後に内容が変わっちゃったりするあたりもいかがなものかと……。こんなインテリジェントなツールを買う話なのに……。

au版iPhone 5の情報画面。キャリアの項目は「13.0」と表示されている

 とまあ、そんなグチは置いておき、今回のiPhone 5はいろいろと話題が多い。世間一般では、やっぱり、地図のことが話題だけど、ボク自身の環境ではちょっと別のことが気になっていた。レビュー記事で書いたけど、au版iPhone 5が手元に来たばかりの頃、Wi-Fiをオフにして、携帯電話のネットワークにつないでみると、なぜかCDMA2000 1xでつながったりして、せっかくのLTEが活かせないという現象が起きていた。家の中でも少し場所を移動したり、iPhone 5の電源を入れ直したりすると、LTEでつながることもあるんだけど、ふと机の上に置いたiPhone 5を見ると、アンテナマークの隣に、俗に言う「○」が表示され、CDMA2000 1xでつながっていた。

 これは何とかならないものかと、iPhone 5の記事を書いた後、人に聞いたり、ネットで調べたりしたら、ちゃんと答えが見つかりました。ただし、公式な対処方法ではないようなので、あくまでも参考例として、読んでください。

 au版iPhone 5の設定画面で「一般」→「情報」を選ぶと、「キャリア」と書かれた項目がある。おそらく、現在は「KDDI 13.0」と書かれているはずだけど、ここをもう一度、タップすると、項目が「PRL」に切り替わる。auケータイを使ってきた人なら、ご存知の通り、PRLはローミングのエリア情報で、海外渡航前に更新しようって話になるんだけど、ボクの場合、当初はここが「3」と表示されていた。どうもこの「3」がいけないらしく、ちゃんとつながっている人のau版iPhone 5を見せてもらうと、「5」と表示されていた。

 じゃあ、PRLの更新ってことになるんだけど、更新方法はauのiPhone 5向けの国際ローミングサービス「GLOBAL PSSPORT」のページで説明されていた。流れとしては、次のような感じになる。

1. 「*5050」に発信する
2. 音声ガイダンスが流れ、最後まで聞くと、通話が切れる
3. 自動的にPRL情報がネットワークから送られてきて、更新される
4. 更新が完了した旨が画面に表示される
5. iPhone 5の電源を切って、再起動する

 こんな操作をしてみた結果、ボクのau版iPhone 5は自宅でもCDMA2000 1xにつながりっぱなしになることがなくなり、LTEネットワークを快適に使えるようになった。机の上に置いてあるiPhone 5に目をやってもアンテナマークの横にはしっかり「LTE」と表示されていて、ひと安心。CDMA2000 1xにつながったままの人はちょっと試してみて欲しい。
キャリアのところをタップすると、表示がPRLに切り替わる。当初はここが「3」だったが、PRLの更新で現在は「5」と表示 PRLの情報が自動的に更新されると、こういう画面が表示される。「了解」を押して、電源を入れ直せば、作業は完了

 ところで、iPhone 5と言えば、もうひとつ気になるのが外部接続端子の「Lightningコネクタ」。30ピンのDock端子から変更され、本体の薄型化にも貢献できたわけだけど、iPhone 5の発売からしばらくは、パッケージに付属のLightning-USBケーブルしかなく、外出先で充電するために、いつもLightning-USBケーブルを持ち歩かなきゃいけなかった。ようやく先週末あたりから「Lightning-30ピンアダプタ」Lightning-USBケーブルなどが出荷されはじめたけど、実はイギリスやドイツのアップルストアを見てみると、「Lightning-microUSBアダプタ」なるものが販売されている。簡単に言ってしまえば、microUSBコネクタをLightningコネクタに変換してくれるというもの。これがあれば、机の上に充電用にたくさん並んでいる(生えている?)microUSBケーブルを活かせるし、わざわざLightning-USBケーブルを持っていく必要もない。

ドイツで買ってきてもらった「Lightning to Micro USB Adapter」。左手前が現物

 ただ、残念ながら、このLightning-microUSBアダプタはドイツイギリスなど、欧州各国のアップルストア(オンラインストアを含む)でしか販売されておらず、その他の通販サイトにもまだほとんど出回っていない。しかもオンラインのアップルストアはその国にしか発送してくれないようで、イギリスやドイツからは買うことができない。年末旅行のときに買うしかないかと諦めかけていたら、ドイツに取材で出かけていた心やさしい友だちのライター氏が気を利かせて、現地のアップルストアで買ってきてくれた。感謝、感謝。

 モノは見てもわかる通り、microUSBコネクタをLightningコネクタに変換してくれるというもので、サイズはLightningコネクタの端子部分よりわずかに大きい程度。microUSBコネクタを挿す側も余計な突起などがなく、そのまま挿すだけ。逆に小さすぎて、なくしてしまいそうなのが心配だけど、これをひとつ持っておけば、外出先での突然の充電にも利用できるし、データ通信にも使える。アップルさん、これ、日本でも売っていただけませんか?
思いきりクローズアップして撮影すると、こんな感じ 手前側にmicroUSBケーブルを接続して利用する。Lightningコネクタは向きが関係ないが、microUSB端子側はちゃんと向きがあるので、挿すときは要注意
「Lightning to Micro USB Adapter」を使い、microUSBケーブルを接続。この状態で充電も通信も利用できる パッケージに付属のLightning-USBケーブルと並べてみた。「Lightning to Micro USB Adapter」の方がわずかに大きい