みんなのケータイ

従来モデルよりも厚みを増しましたが、依然としてコンパクトで置き場所には困りません

 新しいApple TVが発売されましたね。新モデルは、アプリをダウンロードでき、リモコンはタッチ操作ができ、Siriにも対応するとのこと。筆者は、数年前からApple TVを愛用していて、主に映画を観ていたのですが、新モデルに買い替えると格段に機能が増えるわけですよ。これは買うしかない! と、発売日に即注文しました。

 新しいApple TVを使い始めて2週間ほど経ちました。今回は、そのファーストインプレッションと言いますか、率直な感想を書かせていただきたいと思います。

 先に結論を書いちゃいますが、新しいApple TV、なかなか楽しいです。起動する時間がぐ〜んと増えました。その分、睡眠時間が減っています(笑)。

 新モデルでは、Apple TV専用のApp Storeからアプリを入手することができます。iOS向けのApp Storeと同じように「おすすめ」や「ランキング」などから検索でき、無料のアプリも多数あります。ダウンロードしたアプリは自動でインストールされ、ホーム画面にアイコンが追加されます。

 筆者が最初にダウンロードしたのは「ヒットテニス3」というゲーム。リモコンをラケットとしてプレイできるテニスゲームですが、結構リアルな感覚で遊べるんですよ。汗をかくほど熱中して、ちょっとした運動になるようにも感じています。筆者は持ってないのですが、任天堂のWiiって、こんな感じなのかなぁ、と思ったりしています。

新たに追加されたApp Storeの画面
加速度センサー搭載のリモコンで遊べる「ヒットテニス3」

 次にハマったのが「アスファルト8」というレーシングゲーム。スマホでも人気があるようですが、大画面で楽しむと、やっぱり臨場感が違いますね。リモコンを横向きにしてプレイする仕様で、最初はコツをつかめなかったのですが、プレイするたびに、うまくカーブも曲がれるようになってきました。新しいApple TVは他社製のリモコンでの操作にも対応しており、別売のゲームコントローラーでもプレイできるようですが、このリモコンでも十分に楽しめそうです。

 リモコンがタッチ操作に対応したおかげで、画面上のカーソルを動かしたり、選択したりといった操作も、従来モデルよりもスムーズになりました。

レーシングゲームは、リモコンを横向きにしてハンドル操作
リモコンの操作感は、従来モデルよりも格段に向上

 筆者が購入したのは、32GBモデルで1万8400円(税別)。従来モデル(8200円)よりも、かなり高いのですが、テレビゲーム機として使えることや、これからどんどんアプリが増えていくことを考えると妥当な出費かなぁと思っています。

iPhoneと同じようにApple Musicも楽しめます

 従来モデルでは音楽を聴くことはほとんどなかったのですが、新モデルでは、ときどき「Apple Music」も楽しんでいます。

 逆に、ちょっとガッカリしたと言いますか、物足りないなぁ、と感じていることもあります。それは「Siri」です。iPhoneのSiriと同じように、話しかけるだけで、いろいろな検索ができると思い込んでいたのですが、まだ検索できることには制約があるようです。

 「子供向けの映画は?」「ホラー映画が見たい!」など、iTunes Storeの映画の検索はできますが、アプリや音楽の検索には対応していません。また、iPhoneのSiriは、音声と画面表示で回答されますが、Apple TVのSiriは画面表示のみ。iPhoneのSiriは、暇つぶしの相手にもなってくれる「賢くて冗談も言ってくれる友人」という感じですが、Apple TVのSiriは「無口で引っ込み思案な人」という印象です。

「ホラー映画を見たい」と話すと、該当する作品が表示され、選択すると購入画面に進めます
「サッカーの結果は?」と話すと、Jリーグの試合結果が表示されました

 たとえば、Apple TVで「YouTube」の動画を検索する場合、リモコンを操作して1字ずつ入力しなければなりません。それは手間なので、従来モデルでは、iPhoneで動画を検索してから、Air Play機能を利用して、テレビに出力させていました。新しいApple TVはSiriが搭載されたので、声で文字入力ができるようになるのでは、と期待していたのですが、残念ながら、検索キーワードを声で入力することはできません。音声検索と音声入力については、今後のアップデートで、より便利になることを期待したいです。

「面白い話を聞かせて」と話すと、iPhoneと同じように答えてくれましたが、音声はないので、自分で読まなくてはなりません
こういう画面でも音声検索ができることを期待していたのですが、「お手伝いはできません」と拒否されてしまいました