記事検索
連載バックナンバー

初代iPad→iPad 2に乗り換え〜♪

スタパ齋藤
1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコ ンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称 衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。


初代iPad→iPad 2に乗り換え〜♪

 何を隠そうこの俺は、初代iPadユーザーなのだが、さてiPad 2はどうしたものか? 買うべきか買わざるべきか? 約32時間考えた結果、購入だゼと決めてショップに出向いたら売り切れゆえ予約注文。こないだのゴールデンウィークあけに購入した。iPad 2 64GB Wi-Fi+3G版のホワイトである。

アップルのiPad 2。拙者が購入したのは容量64GBでWi-Fi+3G、色は白だ

 もはやiPadに関してはあまり説明する必要はないと思うので、基本的なコトは割愛し、イキナリ、初代iPadとiPad 2の使用感の違いを、拙者的観点から述べてみたい。

 まず、iPad未経験〜iPadにちょっと触れたことのあるくらいのユーザーにとっては、初代iPadもiPad 2も大して変わらねえと言えよう。

 iPad 2は、初代iPadよりも軽くて薄くて最大2倍高速なプロセッサを搭載してグラフィックのパフォーマンスは最大9倍で2台のカメラと3軸ジャイロセンサーを搭載している。カメラは明らかな差と感じられるが、ほかは「ある程度iPadを使い込んでいないとピンと来ない差」だと思う。

 ぶっちゃけ、これからiPadを使うなら初代でも2でも大きな差は感じないと思う。iPad 2でデキて、初代iPadではデキない、ということも少々しかない。ので、「iPadちょっと欲しいナ〜って思ってたんだ」てな人は、初代iPadのWi-Fi中古美品購入とかでも大きな問題はないと思われる。が、iPadに触れてみて「む。これは長く使いそうな予感」と思ったら、絶対iPad 2にしたほーがいい。

 というのは、初代iPadを常用していればいるほど、iPad 2は快適に感じられるから。ちょっと比べた程度じゃ大した差はナイのだが、毎日使うとその差は非常に大きい。痒いトコロに手が届く、的な。

 たとえば拙者の場合、AndroidタブレットのMOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11Mを使うようになってから、初代iPadのレスポンスにちょっと不満が出始めた。アプリの起動速度、データ読み出し〜表示速度、文字入力時のレスポンス、アプリ上での処理の進捗速度などなど、「ん〜、これはやっぱり速いとは言い難いな〜」と思い始めたのだ。

 しかしiPad 2にしたら、その不満の多くが解消。たとえばGaregeBandの起動速度や処理速度がそーとー速くなった。メールを選択削除するとき、初代iPadではボタンをパパパパッと押すと選択が追従しなかったが、iPad 2ではそういうモタツキがなくなった。どれも細かい部分でのストレスだが、多数の細かいストレスが重なればムカつきに通じるストレスとなる。この小さくないストレスが一気に解消されたんだからも〜痛快なのである。

 あと軽さと薄さ。iPad初めてな人なら初代も2もどっちも似たような質量&厚みだと感じると思うが、初代iPad常用者ならゼヒ、ショップで実機を持ってみて欲しい。片手で持ったときの印象が全然違うのだ。拙者の場合「う。軽い。持ちやすい。……これは外に持ち出したいかも!!」と弱くないショックを受けた。

 てなわけで、iPadを常用している人ほどiPad 2は魅力的かつ実用的に感じると思う。そうでない人にとってのiPad 2は「……これってiPad 1.2くらいじゃね?」と感じるかもしれない。そのあたりで価値がガラリと変わってくるiPad 2ですな。

 

3Gモデルを買った理由

 初代iPadユーザーとして、iPad 2はWi-FiモデルにするかWi-Fi+3Gモデルにするか、そーとー悩んだ。Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルの差は、ソフトバンクの3G回線を使ったデータ通信ができるかどうか以外に、GPSモジュールの有無がある。Wi-FiモデルにはGPSモジュールが搭載されていないのだ。GPS野郎の拙者としては、GPSモジュール欲しさゆえWi-Fi+3Gモデルに……とか悩んでいた。

 のだが、試しにショップ店頭でiPad 2をイジった瞬間「む。むむむ。Wi-Fi+3Gモデルにするし」と意志が固まった。Wi-Fi+3GモデルならGPSモジュールに加えて3G回線も使えるからだ……って順序が逆?

 結論から言えば、iPad 2をイジった瞬間その携帯性の良さを実感するが早いか「これなら頻繁に外に持ち出すであろー」と思うと同時に、「拙者の行動範囲には公衆無線LANスポットなんざぁ全然ナイ場所が少なくないので3G回線が役立つであろー」と考えたのだ。じつはモバイルWiMAXルータを持っているが、拙者の行動範囲にはWiMAXなんざぁつながらねえ場所も少なくないのである。

 そして、何が起きたか?

 拙者においてはiPadやAndroidタブレットによる「ゆっくりと進んでいる革命」を再び実感した。はからずも「モバイルノートPCで行うと効率がイイはず」と思っていた処理の多くを、3G回線入りiPad 2で行いまくるようになったのだ。あくまでも拙者のケースですけど。

 たとえば出先で資料を確認しつつネットに接続して調べつつメールとかで連絡取りつつ……てなコトが3G回線入りiPad 2だけで済んでいる。まあiPhone 4でも同じようなコトができるんだが、画面デカくて見やすくてタイプもしやすいあたり、iPad 2のほうがずっと効率が良くて疲れない。

 まあ回線速度が、使用時刻や場所によって「んむむむ〜待たされがち」と感じることもあるが、しかし拙者の行動範囲内ならだいたいどこでも大きな問題はなくネットにつながる3G回線入りiPad 2。もうホント便利。

 ……じつは、2008年12月を最後に、モバイル向けのノートPCは購入していない。その最後に買ったノートPCで2009年〜2010年前半のモバイルを支えてきたが、現在は完全に死蔵状態。2010年半ばからはiPadとモバイルルータの使用頻度が急上昇し、現在は3G回線入りiPad 2使用頻度超急上昇。モバイルルータの使用頻度さえも下がっている状態なので、そーとーな理由がない限りモバイル用ノートPCとかはもう買わないような気がしている。

 

タブレットで変わった拙者的日常

 初代iPadを使い始めてからのことだが、iPadやiPad 2、それからXOOMなどのAndroidタブレットを多用するようになって、拙者の日常のある側面が大きく変わった。大雑把に「コンピュータ」という切り口で見た側面だが、コレがかな〜り変わった。

 現在でもデスクトップPCは使っている。原稿書きに画像処理に動画編集に音楽にネットに自炊に……なるべくコンピュータでアレコレやろうと考えつつ実行しつつ生活してきたので、豊富な周辺機器を併用しつつデスクトップコンピュータで行うことは現在でも多い。

 が、それでも初代iPad入手以前と比べると、デスクトップコンピュータを使わない時間がずいぶん増えた。また、繰り返しになるがノートPC(とくにモバイル向け)の使用時間が激減した。その分、iPadやAndroidなどのタブレットを多用するようになった。

 でまあそうすると、生活のスタイルっていうかリズムが大きく変わったりするわけですよええ。拙者における具体例を挙げてみると……。

 朝〜午前中。

 以前は、起床して食事したりしてから即、デスクトップPCないしノートPCを起動。昨日届いたメールを読んだりニュースサイトをチェックしたりツイッターのタイムライン追ったり本日のスケジュール見たりと、何だかんだで午前中はずっとデスクに向かっていることが多かった。

 タブレットを使うようになってからは、結果から言えば午前中にPCを起動することが減った。メールもニュースもタイムラインもスケジュールも、そういった情報のチェックはタブレットでデキちゃうからだ。

 またiPad/iPad 2/XOOMなどのタブレットには、後から考えてみると、デスクトップPCやノートPCの起動を後回しにさせるメリットが多々ある。一瞬でオンオフ(スリープ/起動)できるので、使いたいとき即座に使いはじめられ、使用を中断して10分だけスリープさせてまた即使うなんてのも当然デキて、多くのケースで十分な一覧性があって、容易に持ち歩ける。凄い即時性の高さだ。

 お恥ずかしながらぶっちゃけた事実を話すと、従来は全くしなかった「トイレでのネットアクセス」もするように。最近ではiPad 2を使って朝トイレにおける未読メール/タイムライン/Blogなどのチェックをしたりなんかして。こんなふうな「ながら使用」も今時的タブレットの得意分野かもしれない。

 正午周辺。

 ちょいとお行儀が悪いが、食事しつつタブレットでアレコレと閲覧することが少なくない。全てがそうではないが、タブレット多用生活となってから、拙者からの情報発信は正午/午後以降であることが増えた。タブレットでもメールを書いたりできるが、シッカリかつ効率良く書く〜発信するならまだまだデスクトップPCなどが良い。また、本腰入れての仕事もデスクトップPCで行っている。

 ので、フツーに仕事をしている日は、正午あたりから夜まで、あまりタブレットは使わない。が、仕事が暇な日は、一日中デスクトップPCがオフであり、タブレットばっかり使っていることも少なくない───以前では全く考えられなかったことだ、PCを起動しない日があるなんて。まあそれほど、現代のタブレットだけでデキちゃうことって多いんですな。

 出先でタブレットを使うことも少なくない。初代iPad(Wi-Fiのみモデル)やXOOM(これもネット接続手段がWi-Fiのみ)の頃はモバイルWiMAXルータとともに持ち出してネットにつないでいた。が、3G回線入りのiPad 2からは、これ単体でモバイル!! ラク!! 快適!! ときとしてiPhone 4より屋外で多用することも。この利便を痛感してから、次のAndroid(3.0以降の)タブレットも3G回線入りにしたいと思うようになった。

 夜以降。

 ここでもタブレット大活躍。ナゼか夜以降はiPad 2を使うことが多いが、考えてみると調べ物をけっこーするからであった。まあ興味本位の辞書引きだったりネットでのキーワード検索だったりするが、辞書アプリなどの豊富さやブラウザへの慣れなんかもあってiOSを多々使う夜半。iPhone 4も使っているが、調べ物時の文字入力の快適さにおいては、ソフトウェアキーボードが十分大きく表示されるタブレットのほうが使いやすいし、ウェブブラウザ(経由で調べ物をしたとき)の一覧性もタブレットのほーが良い。

 考えてみると、夜にタブレットを多用することは、午前中にPCを起動しなくなった原因のひとつかもしれない。結論から言えば「宵越しのモヤモヤは持たねぇ」のである。「ん〜、この件、気になるけど……明日の朝に処理しよう」という案件を、タブレット上でチョチョイと処理するケースが増えたのだ。「案件」ってのも大げさだが、まあどうにかすべきコトをタブレットで調べたり確定したり送信したりしてその場で済ませられるようになったわけですな。

 てな感じで、拙者生活の所々に登場して役立ちまくりのタブレット。このスレート型端末1枚小脇に置けばアレもコレも手軽に長時間OKというシンプルさが気持ちイイですな。とくにタブレットに最適化された良質のアプリを快適に使えるiPad 2は毎日欠かさず使いまくりであり、なくしたら困るんであり、実際なくしたらとりあえず即座にまた3G回線入りiPad 2を買うほど、拙者の生活の必需品になってしまっている。

 

iPad 2用アクセサリあれこれ

 オマケ。最近使ったiPad 2用のアクセサリ5点の使用感などを。

 まず、拙者がこのテの端末を買うと思わず手を出すドック。アップル純正の「iPad 2 Dock」ですな。iPad 2を縦にセットして置ける充電/PCとの同期に使えるクレイドルですな。購入当初は使ったものの、iPad 2本体をケース類に入れると使えないし、縦置きにしかできないってのもあって、現在は使っていない。

アップル純正のiPad 2 Dock。iPad 2の充電やPCとのシンクが可能。LINE OUT端子付き。後述のDigital AVアダプタとの併用も可能だ このスタイル(縦)でしかiPad 2をセットできない。横置きにしてPCのサブディスプレイにしてみたかったような気がしなくもない iPad Smart Cover(いわる風呂のフタ)を装着したままでもどうにかセット可能。ただしカバー中央が少々浮く(スリープには移行する)

 iPad 2 Dockは、上の写真のようにiPad 2に後述のiPad Smart Coverを装着した状態でも使える。フタの中央が少々浮くカタチになるものの、iPad 2はちゃんとスリープする。iPad Smart Coverのみ使っていてiPad 2背面は剥き身だゼって人にはマッチするiPad 2 Dockかもしれない。

 あとこのiPad 2 Dock、後述のDigital AVアダプタとの併用もできる。そのままだとHDMI出力にiPad 2の縦画面が出力されてしまうが、たとえば画面回転をロックして使えばテレビ画面などには横画面出力がなされる。ちょっとスマートでない使い方ともなるが、iPad 2 DockとDigital AVアダプタを併用すれば、iPad 2を安定して置きつつ充電もしつつHDMI出力もできるので、場合によっては非常に役立つかも!?

 次に、アップル純正の「Digital AVアダプタ」。iPad 2と組み合わせて使うと、iPad 2に表示されている内容そのものをHDMI出力してテレビなどに表示できるビデオミラーリングが可能だ。iPad 2をそのままプレゼンテーションツールとして使えるアダプタとして、一部では非常に注目されたりしている。

アップル純正のDigital AVアダプタ。iPad 2の画面をそのままテレビなどに出せるんですな。iPad/iPhone 4/iPod touch(第4世代)のスライドショーや動画再生をテレビなどに出力することもできる Digital AVアダプタにはHDMIケーブルとDockコネクタをつなげられる。テレビなどで画面表示を行いながら、iPad 2に充電したり、PCとの同期も可能。……コレ使って同期ってあまりしないと思うが iPad 2の画面表示をHDMI対応ディスプレイに表示させたところ。ディスプレイ側のスケーリングを有効にすれば、ほぼ画面一杯に表示できる。みんなでiPad 2の表示を閲覧したりすると楽しいですな

 それからアップル純正の「iPad Smart Cover」。カバー側のマグネットにより容易かつシッカリとiPad 2へとセットでき、カバーを開けばiPad 2起動、閉じればスリープに移行できる。カバー部は4つの面で構成され折り畳めて、タイピング時の台になったりiPad 2を自立させたり、なかなか多機能だ。

アップル純正のiPad Smart Cover。iPad 2の画面部のみを保護するカバーで、iPad 2へはマグネットにより容易&安定的に装着できる カバーを△のカタチに折り畳めば、タイピングを快適にする台座として機能する。△状態はマグネットにより安定的に保持される 同じく△状態にしてiPad 2を自立させる支えとしても使える。やや注意深く扱えば、まずまず安定して使える支えとして機能する

 このiPad Smart Cover、使用感も機能もナイスなんだが、残念なのはiPad 2の背面の保護は全く考えられていない点。そこで、このiPad Smart Coverと併用できるiPad 2背面保護カバーを購入した。モノはTrinityの「Smart BACK Cover for iPad 2 Crystal Clear」。クリアのほかに白と黒もあるようだ。

TrinityのSmart BACK Cover for iPad 2 Crystal Clear。iPad 2の背面を保護する透明の薄いジャケットですな 装着状態。よく見ないとジャケットを装着しているのかわからない。耐衝撃性はあまりなさそうだが傷防止になる さらにiPad Smart Coverも装着。iPad Smart Coverの機能を邪魔することなく、iPad 2背面を保護できるのだ

 現在のところ、拙者におけるiPad 2保護グッズとして「iPad Smart Cover」と「Smart BACK Cover for iPad 2 Crystal Clear」がいちばんシックリきているコンビである。

 が、iPad 2を外に持ち出すときは、もーちょっと耐衝撃性が欲しいところ。そんなときに使っているのが「SoftBank SELECTION ホルダーケース for iPad 2」。iPad 2購入時にソフトバンクモバイル店頭にてツイデ的に買ったんだが、なかなか快適。

SoftBank SELECTION ホルダーケース for iPad 2。至ってフツーな感じのセミハードケースですな。色はクリームとブラックがある このようにタイピング時に快適な角度となる台座としても機能する。台座系機能は、iPad Smart Coverよりも使いやすいように感じる iPad 2を自立させることもできる。自立台座としても、iPad Smart Coverよりちょいと安定性が高いような気がしなくもない

 てな感じでアクセサリともどもiPad 2を楽し……んでいるのは確かなんだが、それ以上に役立てている拙者。コナレ感十分なタブレットなので、ぜひ一度触れてみてほしい。超便利っスよ♪

2011/5/30 06:00