スタパ齋藤の「スタパブログ」

 iPad Proを常用中なんですけど、けっこー使うのが「タブホ」という有料サービス。基本的には「月額500円で雑誌読み放題」のサービスなんですけど、端末保証やネットプリントといった付帯サービスも利用できます。iPhone、iPad、Android端末に対応したサービスです。

 読める雑誌は200誌以上あり、メジャーな雑誌も多々あります。ワタクシの場合、そのうち4〜5誌は「積極的に読みたいかも」で、10誌くらいは「置いてあれば読むかも」という感じ。2冊読めば余裕でモトが取れるので、このサービスを使い始めました。

 そしたら案の定、便利……というか好都合。iPad Proで雑誌を読むと、画面サイズ的にも快適に読めます。もちろん部分拡大もOK。特定のページにしおりを付けることもできます。電子書籍なので物理的に嵩張らない&処分の手間もないという点もイイですな。特定の記事のスクリーンショットを取り、跡で参考にするような使い方もできます。

 あと、全雑誌から串刺し検索できる点も実用的です。たとえば「iPad Pro」情報を集めたければ、これをキーワードに検索。すると「iPad Pro」という単語が含まれた雑誌記事がザザザザッとヒットします。各分野の雑誌をまたいで、こういう検索ができるのは、雑誌読み放題サービスならではの利便です。

 余談ですが、最近は紙の本を買うことが少なくなりました。電子書籍ならサクッと買うんですが、紙だと結局読みたい瞬間に読めないし、後々嵩張ってきて処分も面倒。「あーこの本は電子版がないのか〜」という理由で本を買わないことも増えています。

 今時の書籍や雑誌の多くは、DTPで作られていたりして、電子化しようと思えば容易にできたりしますな。ぜひぜひ、電子書籍化を寸止めでやめちゃわないで、鋭意電子書籍として市場に出して欲しいと思います。

iPad Proで「タブホ」アプリを起動した様子。名の知られた雑誌が多くあります。iOSアプリでは、月額500円の支払いはアプリ内課金でした。
iPad Proの画面サイズはだいたいA4サイズ。同サイズの雑誌なら、1ページをだいたい原寸大で読めます。もちろん、拡大表示もOK。快適です。
1ページがA4サイズ程度の雑誌を見開き表示にすると、iPad Proでもやや文字が小さく読みにくくなります。が、拡大表示すれば問題ありません。
各雑誌のキーワードで串刺し検索できます。このスクリーンショットは「カレー」をキーワードに検索した様子。カレー関連記事がた〜くさん現れました。
さらに雑誌をタップすれば、該当ページが現れます。これはプレジデント社の食べ歩き系グルメ雑誌「dancyu」のページ。ビジュアルが食欲をそそります。
うかちゃんは雑誌の表紙をバリバリするのが好きです。ぼくは新聞をバリバリするのが好きだけど猫缶とシーバも好きなのでくニャさい。ニャ。ニャ。的な。

スタパ齋藤

1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。