スタパ齋藤の「スタパブログ」

 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服を目論む男の物語を描いたパソコン通信小説こと「竹熊の野望」ですが、電子書籍版が発売されました。「竹熊の野望」の出版社サイトはコチラ、Kindle版はコチラ、iBooks版はコチラにあります。648ページもある本なので、電子版だと物理的に手軽に読めてイイ感じです♪

 ワタクシの場合、Kindle版の「竹熊の野望」を読んでおりますが、リンクがしっかり組まれていてナニゲに便利です。たとえば、目次から読みたい回に一発で飛べたりします。また、注釈もリンク構造になっており、注釈がある語句をタッチすれば注釈のページに飛び、即座に注釈を読むことができます。もちろん、注釈ページからそれまで読んでいたページに一発で戻ることもできます。

 あとあと、Kindle版、無料サンプルでかな〜りのトコロまで読めちゃいます。第13回の途中まで読める感じ。無料サンプルとしては異例の「太っ腹」加減ですな〜。いやマジで凄いかも。てなわけで、とりあえず無料サンプルで楽しんでみるのがいいかも、です♪

パソコン通信で世界征服を目論むパソコン通信小説「竹熊の野望」が、紙の小説に続いて電子書籍も登場しました。Kindle版は2160円で販売中です。
無料サンプルでかな〜りのページ数を読むことがでちゃいます。Kindle電子書籍は幅広いプラットフォームに対応していますので、ぜひお試しあれ♪
目次を開くとこんなふうにリンクが張られています。ので、読みたい回をタッチすればその回に即アクセス可能。電子書籍はこんな部分も快適です。
現在だとわかりにくいであろう語句には、新たに注釈が追加されています。その語句をタッチすれば注釈ページに飛び、注釈を読むことができます。
注釈ページに飛んだ様子。「本文に戻る」のリンクをタップすればもと読んでいたところにパッと飛ぶので、スムーズに読み進められると思います。
うかちゃんは猫だから電子猫書籍を見てみたいニャ。ぼぼぼ、ぼくは猫で電子書籍も嗅いでみたいけどシーバと猫缶も嗅ぎたい。ニャ。ニャ。的な。

スタパ齋藤

1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。