てっぱんアプリ!

iPhoneから大切な人へ、想いを届ける「レター」

 スマホを、もっと楽しく快適に使うには、アプリを活用しよう。本コーナーでは、続々登場する旬なアプリの中から編集部が厳選した、スマホユーザー必携の“てっぱん”アプリをご紹介します!

◇   ◇   ◇

アプリ名: レター
開発者: ROLLCAKE Inc.
価格: 無料(カードの注文価格250円〜)
対応OS: iOS 7.0 以降
カテゴリ: 写真・ビデオ

おしゃれなメッセージカードを送れる「レター」

 みなさんは親孝行しているだろうか。2014年は5月11日が母の日、6月15日が父の日となっている。遠くに住んでいる両親に自分や孫の元気な姿を見せてあげるのも、立派な親孝行のはずだ。このタイミングに、写真付きのメッセージカードで近況を知らせることができる「レター」を使って、日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがだろう。

 「レター」は、写真とカレンダーが付いたメッセージカードを作成してプレゼントできるアプリ。端末に保存している好きな画像とメッセージカードの色を選び、宛先を決めて代金を支払うだけで、印刷された高品質のメッセージカードを相手に直接届けてくれる。

 メッセージカードの色はホワイト、オレンジ、ブルーなど12種類から選択可能。判型は約10×20cmの縦長で、上半分に写真を、下半分に月間カレンダーがレイアウトされる。毎月上旬に翌月のカレンダーが掲載されたメッセージカードを注文でき、1カ月ごとに異なる内容で作成して相手に届けられるようになっている。

薄いオレンジを選択したところ
落ち着いたパステル風のブルーも選べる
注文履歴はトップ画面に表示され、どんな写真を使ったのかわかりやすい

 宛先や送付元の住所は端末の電話帳から読み込んで一発で入力でき、伝えたいメッセージを自由に文字入力できるようにもなっている。一度に複数枚を送付することも可能で、宛先とメッセージを変えて親戚などに送ったり、自宅に届けるのもOKだ。自動で写真の明るさを調整し、きれいに見せられる補正機能もうれしい。

 決済方法はクレジットカードのみで、1枚あたり送料込みで250円。最初の1枚だけは送料としてかかる80円ぽっきりで送ることができるので、気軽に試しやすい。アプリトップ画面では、それまでに注文したメッセージカードの写真を表示するようになっていて、何月にどんなメッセージカードを送ったのかを改めて振り返ることも可能だ。

端末の電話帳に住所が登録されていれば、一発で宛先入力が完了
メッセージももちろん書き込める
自宅に同じデザインのメッセージカードを送ることも可能。1枚追加するごとに250円となる
支払いはクレジットカードのみ。直接支払いとすることで安価を実現していると思われる
注文後およそ1週間前後で手元に届くようだ

 注文してから相手に届くまでは、だいたい1週間前後が目安のよう。メッセージカードのデザインはシンプルなこともあって、フォトフレームのように部屋の片隅に立てかけておくだけでもさまになるだろう。大切な人にストレートに気持ちを伝えるのが恥ずかしいなら、こういったさりげない贈り物をするのもいいかも。きっと相手の印象にも残りやすいはずだ。

 なお、5月8日現在リリースされているのはiOS版のみ。Android版も5月中旬にリリース予定となっている。

(日沼諭史)