記事検索
連載バックナンバー

iPhoneをリモコンに! Apple TV とREMOTE


一辺約100mm、高さ20mm強の極めて小さな本体と、アルミ製でスタイリッシュなリモコン。本体は黒色の樹脂製だがエッジが効いたデザインでチープさは感じられない

 新型のApple TVを発売翌日に入手することができたので紹介させて頂きたい。Apple TVは国内では余り馴染みのない製品だが、初代は3年前の2007年に発売されており、家庭(LAN)内のiTunesに登録されているコンテンツを家庭用テレビで視聴できるという製品だった。2008年よりiTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、映像コンテンツをレンタルしたりできるようにアップグレードされた。

 今回発売された2世代目のApple TVは、初代のものと少々性格が異なる製品となっている。まず、価格が大幅に引き下げられている。初代Apple TVの国内希価格が3万6800円だったのに対し、2世代目は8800円と1/4に抑えられている。これは、内部にコンテンツを一切保存しないという割り切った仕様により内蔵HDDを廃止したことや、現在多くのApple製品で使用されているA4プロセッサーを使用することで部品の共通化を図り、コストダウンを実現しているものと思われる。また、Appleのオンラインビデオレンタルサービスを立ち上げるための戦略的商品でもあるのだろう。2世代目Apple TVは初代とは異なり、オンラインコンテンツのストリーミング再生に特化したクライアント装置となり、ネットワーク接続無しでは何もできない仕様となっている。

 さて、2世代目Apple TVを使い、実際にオンラインコンテンツを視聴する上で少々困るのは、付属のリモコンでは日本語入力ができないということだ。映画のタイトル検索やYouTubeの検索でも付属のリモコンでは日本語を入力できない。この問題を解決するには、iPhone/iPod touch用の「REMOTE」というApple提供のアプリを利用するのが手っとり早い。

 「REMOTE」は、iPhone/iPod touchをiTunesのリモコンとして利用するためのアプリで、Apple TVにも対応している。「REMOTE」を利用することでiPhone/iPod touchのソフトウェアキーボードからApple TVへ日本語入力が可能となり、日本語による検索も問題なく行えるのだ。

 細かい話だが「REMOTE」はWi-Fi経由でApple TVと接続するため、操作時にiPhoneを(赤外線リモコンのように)Apple TVの方に向ける必要はなく、向けても意味がない。別の部屋にいてもWi-Fiさえ繋がっていれば操作自体は行える。が、習慣というのは恐ろしいもので、ふと気づくと無意識のうちにiPhoneをテレビの方に向けて操作してしまっている……。

 Apple TVでコンテンツを検索する際、日本語で検索できないのはかなり不便だったが、「REMOTE」の使用で日本語検索が可能になり、さまざまなオンラインコンテンツを十分に楽しめるようになった。

底面はゴム製で、平たい噴火口のような独特のデザインになっており中央にリンゴマークがあしらわれている。接続端子は最小限で、写真左から、有線LAN、光音声出力、HDMIとUSB(USBはサービス用)、電源となっている。小さな本体だが電源ユニットを内蔵している リモコンの操作部も最低限のボタンがあるのみでとてもスタイリッシュだ。ドーナツ形4方向キー中央のアルミ部分は決定キーになっている
リモコンは極めて薄くエッジ部分は1.5mmほど、中央部でも5mmほどしかないが、ボタンのクリック感はしっかりしている 背面には電池蓋のみがある。この蓋もアルミ製で手抜きのない美しい造りになっている。
iPhone用アプリ「REMOTE」のApple TV操作画面。上の部分がトラックパッドになっておりタップで決定もできる。menuボタンと再生/一時停止ボタンは下部にある。一番左のボタンはオプションボタン 「REMOTE」アプリはApple TVだけでなくiTunesもコントロール可能。設定画面で操作対象を選択できる。操作対象は登録されているiTunesアカウントで検索される
Apple TVを「REMOTE」で操作するためにはApple TV側の「ホームシェアリング」を有効にする必要がある(写真は有効になっている状態)。iTunesのコンテンツを共有する場合も双方の「ホームシェアリング」を有効する必要がある。共有の対象は同一のiTunesアカウントが登録されている必要がある 映画、YouTubeなどを大画面で視聴するのも楽しいが、筆者はPodcastをよく利用している。PodcastにはApple Keynotesなどの少々ディープだが興味深いコンテンツが満載である

 

製品名 製造元 購入価格
Apple TV アップル 8800円

 

 

(田中 宏和)

2010/12/1 06:00