記事検索
連載バックナンバー

涼しさ持ち歩き!! iPhone用ポータブル扇風機「dock fan」


扇SEN 風PU 機KIと書かれたパッケージ、右上には「dock fan for iPhone」という文字も見える

 大規模な節電が求められるこの夏、暑い夏を少しでも快適に乗り切る工夫が各個人に求められていると思う。そんな訳で、今回は場所を選ばず手軽に涼を得られるiPhoneグッズを紹介させて頂く。

 暑くなってくると、外出先から戻った時や電車などに乗り込んだ直後など、汗が引くまでは一時の涼を取りたいものだ。筆者は扇子を持ち歩いているが、パタパタと扇ぐのもせわしないものだし、かえって暑苦しい場合もある。そのような時に最適なグッズが今回紹介する「iPhone用 扇風機 dock fan」だ。「dock fan」はiPhoneやiPod touchのDockコネクターに装着することで、どこでも手軽にパーソナルな「涼」を得られる製品だ。

 専用のケースから取り出しDockコネクターに装着後、スイッチをONにするとファンが回転し風をおこしてくれる。風量は決して多くはないが襟元や顔に風を当てて涼むのに適度な風量といえる。動作音も比較的静かなので周囲の人々に迷惑をかけるようなこともない。スイッチはON・OFFの切替のみで風量切替えスイッチは無い。首振りも使用者の手首の動きに委ねられる。一方、この製品はファンの角度を90度回転できるので、首筋や頭に風を当てたい時など手首を無理に曲げなくて良いのが非常に便利だった。

 ファンの素材は柔らかいウレタン製で、回転中に手に当ったりしても痛くない。スイッチは本体中央前面に大きめのものが搭載され、操作性も良好で全体としての使い勝手は良い。使用上で1点注意が必要なのは、本製品はDockコネクターから電源を得る仕組なので、iPhoneがスリープ状能になるとファンも止まってしまうという点だ。継続して使用するにはiPhoneがスリープにならないようにする必要がある。

 冷静に考えるとわざわざiPhoneから電原を取らずとも、電池式の小型扇風機を使えばよさそうなものだが、大の大人が公共の場で、電池式のオモチャ的な物で涼を取るというのも少々恥ずかしい。しかし! 基本的な仕組は同じでも、iPhoneのオプションだというだけでその気恥しさが激減、いや、皆無になると感じるのは筆者だけだろうか?

 対応機種には含まれないが、試しにiPadに装着してみるとちゃんと動作した。しかし、iPadは幅があるため、ファンを横向きにすると羽根が本体に干渉してしまう。iPadでの利用は現実的ではない。

 筆者と同世代の人にしか解らない余談だが、色こそ異なるものの、iPhoneにぶら下がった「dock fan」の姿はなぜか往年のマブチ水中モーターを思い起こさせ、郷愁を誘う。

 「dock fan」には専用のケースも付属し、携帯時に鞄の中で破損する心配もなくコンパクトに持ち運びできるので、この夏、扇子や団扇の代わりとして活躍してくれそうだ。

付属の専用ケースにピッタリと収まる。ファンがウレタン製で柔らかいので持ち運ぶ際にこのケースはとても便利だ ケースから取り出すとウレタン製の羽が開く。羽はふにゃふにゃだが回転することで遠心力により羽の形状を保つ
ファンを90度回転させた状態。このファンの向きを変えられる機構が思いの外便利だった。本体中央には電源スイッチがある ファンの羽はウレタン製で柔らかい。回転中に手などに当たっても痛くない。露出式のファンだが安全面での不安はない
付属の専用ケース。iPhone4を模したデザインが気が聞いている。また、このケースには携帯に便利なようにストラップ穴も装備されている iPhoneに装着するとこのような状態になる。ファンの角度が90度変えられるので色々な持ち方に対応できる

 

製品名 製造元 購入価格
iPhone用 扇風機 dock fan 日本トラストテクノロジー 1260円

 

(田中 宏和)

2011/7/7 06:00