本日の一品

完璧な手ぶら撮影を可能にするGoPro用「回転式クリップマウント」

アンデックス・ユウの「回転式クリップマウント」

 以前当コーナーで取り上げたアクションカムGoPro用のホットシューマウントは、スチールカメラなどのホットシューに取り付けるタイプだったのだが、その時に触れた通り、ホットシューが占有されてしまうためストロボを同時に使えないのがちょっとした難点だった。取り付け時の見た目はけっこう好きだったのだけれど……。

 常に一眼レフカメラを手に持って動き回る(明るい場所での)取材はホットシューマウントでOKだとして、ノートにメモを取りながら立ってインタビューするようなシチュエーションでも、うまくGoProを使えるようなマウントがないものか。探していたところ、やっぱりあったのである。それが「回転式クリップマウント」だ。

 「回転式クリップマウント」は、言ってみれば巨大で強力な洗濯ばさみのようなもの。布や薄い板などを挟み込む形で取り付け、GoProを固定することができる。一番オーソドックスな使い方としては、胸ポケットに差し込むような感じで挟み、前方を撮影するというもの。これであれば両手をフリーにできるので、メモを取りながら、あるいは一眼カメラで写真撮影しながら、同時に動画も押さえることができるわけだ。

洗濯ばさみ状になっていて、挟まれるとけっこう痛い
GoProを取り付けてみたところ

 “回転式”というのもポイントだろう。クリップ部分とGoProをマウントするベース部分は別のパーツになっていて、ベース部分を滑らすようにして360度回転させられる。上からしか差し込めない胸ポケットだけでなく、服の合わせ部分に横から差し込んだり、さらにその状態のままくるっと回してベースを上向きに変えることで“自撮り”できたりと、意外にフレキシブルな使い方ができるのだ。

歩きながら撮影する場合の装着例
ベース部分は360度回転できるので……
体の中心に取り付けるのもOK
あんまり動くと動画がブレやすいので気を付けたい

 生地が薄いとクリップとGoProの重みで傾いたり、体の動きで動画がブレやすかったりもするけれど、取り付け角度の微調整はしやすく、もともとGoProの画角が広いこともあるので、とりあえず押さえとしての動画撮影という意味であれば十分に役立ってくれる。山登りなど、歩行中の動画をさりげなく撮影しやすいのも魅力だが、その場合は上半身ではなく、腰のベルト付近に装着した方が安定した映像を残せそうだ。

 純正のGoProマウントの多くが堅いモノに固定することが前提になっている気がするので、こういった布のような柔らかいものに自由度高く取り付けられるアイテムは、かなり貴重ではないだろうか。服以外にも、手持ちのバッグに取り付けて街歩きの風景を撮影したり、カーテンに取り付けて部屋の様子を撮影したりと、いろいろな場面で活躍してくれる予感がする。

GoProを上に向ければ自撮りもできる
脱落防止用のワイヤーをつなげる穴もある。なんらかのヒモと安全ピンなどを組み合わせれば、万が一の際にも安心だ
製品名 販売元 購入価格
回転式クリップマウント REC-B53 アンデックス・ユウ 2520円

(日沼諭史)