本日の一品

Apple Watchは置き場所を決めて充電しよう

 Apple Watchが発売されて、早7カ月ちょっと。ボク自身が元々、機械式時計が好きということもあって、いわゆるスマートウォッチや活動量計の類はあまり長続きしなかったんだけど、Apple Watchについては機能だけでなく、質感も納得できるレベルで、半年を過ぎた今でも使い続けている。とは言っても主な用途はメールやメッセージの通知、アクティビティの記録などで、そんなに派手な(?)使い方をしているわけではない。

「Apple Watch磁気充電ドック」の円盤形の充電ドックが描かれた四角いパッケージ

 周囲を見渡してみると、モバイル業界の人はApple Watchを使い続けている率がなかなか高い印象で、Apple Watchを身に着けていると、お店の人などに「それって、アップルの……」と話しかけられることが多いというのも共通認識。ボクも何度となく、お店などで話しかけられたけど、飛行機に乗ったときのキャビンアテンダントの女性にApple Watchを指摘される確率は、結構、高かった気がする。だからって、何でもないんだけどね(笑)。

パッケージを開けると、充電ドック。トレイの下にLightning - USBケーブルが同梱されている
充電ドックの側面にはLightning端子が備えられている。ここにケーブルを接続して、電源と接続する

 Apple Watchを使い続けられている理由のひとつに、わりと充電しやすいというのもある。スマートウォッチや腕に装着する活動量計は、microUSB接続端子で充電するものが多く、なかには専用の充電アダプターが必要なものもある。その点、Apple Watchはワイヤレス充電を採用していて、背面に円形のマグネット端子を貼り付ける構造になっている。他機種のように、キャップを開けて、コネクタの向きを確認して……という操作をしなくても聴診器のようなマグネット端子を時計の裏に貼り付けるだけなので、かなり楽だ。

 ただ、実際に使ってみると、自分の机が散らかりまくってるというのもあり、他のものを動かしたら、充電中のApple Watchが引きずり回されちゃったり、他のケーブルと絡まったりして、結構面倒なことになってしまうこともあった。そこで、付属の「Apple Watch 磁気充電ケーブル」を埋め込むタイプの充電台を購入し、利用していた。定位置が決まると、落ち着くもので、帰宅したら、Apple Watchを腕から外し、この充電台にセットするようになっていた。

 これで落ち着いたかなと思っていたら、アップルから純正の充電台「Apple Watch磁気充電ドック」が発売された。せっかくなので、これを入手して、実際に使ってみることにした。

中央のマグネット端子部分にApple Watchを合わせるように置くと、充電できる。

 「Apple Watch磁気充電ドック」はちょうど円盤のような形になっていて、側面に電源やMacなどと接続するLightningコネクタを端子があり、中央部分にApple Watchの背面と接するマグネット端子が備えられている。上下が分離するスポーツバンドやクラシックバックルなどのバンドが装着されているときは、そのまま、Apple Watchを中央部分に合わせる形で置けば、充電できる。

ミラネーゼループなどの上下が分離しないバンドを装着しているときは、横置きで充電ができる。画面表示もナイトスタンドモードに切り替わる。

 ミラネーゼループやリンクブレスレットなど、上下が分離しないタイプのバンドが装着されているときは、中央のマグネット端子を立てて、Apple Watchを横置きにすれば、充電できる。このとき、Apple Watchは自動的にナイトスタンドモードに切り替わり、ちょっとした置時計のような状態になる。

中央のマグネット端子は裏側から押すと、立つ構造になっている
Apple Watchの背面側にマグネット端子がぴったりフィットする構造

 一定時間が経過すると、画面表示は消えるが、画面にタッチすれば、再びナイトスタンドモードで表示されるので、ベッドサイドなどに置いておくときにも便利そうだ。ちなみに、スポーツバンドやクラシックバックルなどのバンドが装着されているときに、横置き充電をしたいときは、バンドを留めた形で置いた方が安定する。

スポーツバンドなどを装着しているときは、バンドを留めた状態で置いた方が確実だ。
充電ドックの裏側は起毛素材が貼られているので、机の上などを傷つける心配がない。

 サードパーティのスタンドも便利だったけど、ナイトスタンドモードで表示できたり、全体的なデザインや仕上げも美しいなど、純正品ならではのアドバンテージもある。Apple Watchユーザーで、充電できる場所を決めたい人におすすめしたい。

製品名販売元購入価格
Apple Watch磁気充電ドックアップル9500円(税抜)

(法林岳之)