本日の一品

見た目そっくりサイズもそっくり、iPhone 5sのお供に最適なモバイルバッテリー

 「次期モデルではiPhone 5/5sと同等サイズの小型iPhoneがラインナップされるらしい」という噂に踊らされ、機種変できないまま今に至っている筆者のようなiPhone 5/5sユーザーはきっと多いはず。今年こそは願いが成就する年であってほしいと思うわけだが、現実問題としてバッテリーの持ちもかなり悪くなり、実用レベルで支障をきたすようになってきた、そんな人も少なくないだろう。

iPhone 5sと並べたところ。目視レベルではほぼ同じ面積だ

 こうしたバッテリー問題を解消するのに手っ取り早いのがモバイルバッテリーの調達であることは、スマホの機種を問わず共通であるわけだが、もし貴方がiPhone 5/5sユーザーであればおすすめしたいのが、今回紹介するインプリンクのモバイルバッテリー「ILU50A-CS」だ。

製品パッケージ。とくにiPhone 5sと同サイズとは書かれていないが明らかに意識した形状
今回はiPhoneの本体色に合わせてゴールドを購入。下部のほうがやや重い

 アルミボディを採用したこのモバイルバッテリー、容量は5000mAh、出力は2.1A/5Vと、昨今の同種の製品と比べてそう性能が突出しているわけではないのだが、特筆すべきはその形状。約123×58mmというフットプリントは、iPhone 5s(約123.8×58.6mm)とほぼ同一。角の丸みまで瓜二つとあって、重ねて使うにはぴったりなのだ。

裏面はシルク印刷のみ
底面に給電用USBポート、充電用microUSBポート、スイッチを備える

 モバイルバッテリーにはバッグやポケットの中などで使うだけではなく、スマホを使いつつ同時に充電も行いたいというニーズも多々ある。ジャケット一体型バッテリーという選択肢もあるが、かさばる上に重くなるなど、かなりユーザーを選ぶ。その点、本製品はiPhone 5/5sと重ねて握りやすく、またバッグやポケットの中でも収まりが非常によい。

重ねて使えるのでバッグはもちろんポケットの中でもかさばらない

 実は類似したコンセプトの製品は過去に他社からも発売されていたのだが、そちらは容量が本製品の半分ほどで、サイズからしてやや非力な印象があった。本製品は5000mAhと、iPhone 5sを約2回ほど満充電できる容量がある上、電池残量が分かるLEDも装備するなど、使い勝手も優秀だ。筆者は手持ちのiPhone 5sと同じゴールドを購入して使っているが、質感までそっくりで、組み合わせて使うにはまさにベストマッチである。今後も当分iPhone 5/5sと付き合っていく予定の方にはおすすめの一品だ。

重ねると本製品のほうがわずかに厚みがある。そのためハードカバーは取り付けできない場合も
付属の60cmケーブルはUSB-microUSBで、Lightningの変換コネクターもしくはケーブルを自前で用意する必要がある

 本製品で唯一惜しいのが厚みで、iPhone 5sが7.6mmのところ、本製品は公称10mm、実測値ベースで9mmとわずかに厚く、ハードタイプのiPhone 5sケースが流用できない。ただしシリコンタイプの保護ケースは流用できる可能性があるので、別途買い求めることをおすすめする。なにせ裸のまま使っているとiPhone本体と見分けがつかなくなるほどそっくりなので、ケースなどを用いて見分けやすくするのが、快適に利用するコツだ。

製品名 販売元 購入価格
リチウムポリマー充電器5000mAh ILU50A-CS オズマ/インプリンク 4600円

(山口 真弘)