本日の一品

ディスプレイの横にスマホを並べてぶら下げられる「iPhone専用ホルダー」

 デスクでパソコンを使っているとき、スマホの置き場所には意外と頭を悩ませるもの。たいていはディスプレイの周辺に置くことになるだろうが、スタンドに立てかけることで画面の一部を遮ってしまうこともしばしばだ。かといってデスク上に放り出した状態のままでは、着信や各種通知を見逃しかねないし、置く場所によってはマウスの操作に支障が出ることもある。

「iPhone専用ホルダー」

 ならば、ディスプレイとスマホを横に並べて見られるようにしてくれる、専用ホルダーを使ってみてはいかがだろうか。フォースメディアが発売している「iPhone専用ホルダー」は、ディスプレイの右横にiPhone専用のポケットを作り、ディスプレイとスマホの画面を並べて表示できる製品である。

筆者の手持ち機材の関係でiPhone 5/5s用を試用しているが、iPhone 6/6s用も用意されている。iPhone専用という触れ込みだが、サイズとコネクター位置さえ合えば、ほかのスマホもセットできる
厚みを調節するためのスペーサー(中央上)や、内側に貼り付けるクッション(右上)が同梱されている。カラーは写真のブラックのほか、ホワイトもある

 モノは、カー用品によくあるスマホホルダーの亜流といったところで、ディスプレイの端にフックを両面テープで貼り付けた上で、iPhoneを収納するホルダーをひっかけ、そこにiPhoneをセットするという仕組み。高さは3段階で調整できるので、自分の見やすい位置に取り付けることができ、ホルダーに入れたまま基本操作も可能だ。ワイドディスプレイの端に取り付けた場合など、もう少し内側を向けたほうが見やすい場合は、角度を内向きにすることもできる。

フックにホルダーをはめ込んで使用する。ホルダー左側にある突起をフックにひっかけて固定する構造上、ディスプレイの右側にしか取り付けられない
iPhoneを裸のままセットするか、保護ケースに入れてセットするかによって、同梱のスペーサーを使い分ける。ケースの厚みが2.5mm以上ある装着できないので、ブックタイプのカバーなどは厳しそうだ

 iPhoneをセットするホルダーにはスペーサー(中敷き)が用意されており、iPhoneを裸のままセットする場合にこれを使うことで、ガタつきを少なくできる。両面テープで内側に貼り付ける合皮製の薄いクッションも同梱されているので、キズを防ぎつつ、出し入れ時に派手な音を立てるのも防止できる。このあたりの細かい配慮は嬉しいところだ。

スペーサーの内側に両面テープで貼り付ける合皮製クッション。キズを防ぎつつ、出し入れ時も防止できる。厚みを調整するのにも役立つ
下方から見たところ。Lightningおよび左右のスピーカーの音を逃がすための穴が開けられている

 価格は2000円台前半とやや高価だが、いつもデスク周りでiPhoneをどこに置くべきか迷う人、あるいはiPhoneの置き場所を忘れて探し回ることの多い人は、ここを定位置にすればしっくり来るようになり、また着信や各種通知の見逃しも減るだろう。構造上、ディスプレイの右側にしか取り付けられない点だけは、気をつけたほうがよいだろう。

奥行き20mm以上のベゼルに対応とされているが、それ以下でも両面テープがはみ出すだけで、強度的にはまず問題なさそう。痕が残るタイプの両面テープなので試し貼りは難しい
大型のワイドディスプレイなどで体に正対しない場合などは、やや内側に向けてやったほうが見やすい

 唯一、改善してほしいのが、Lightningコネクターを挿したままホルダーにセットできないこと。ホルダーにセットしたあとLightningケーブルを下から挿すことはできるのだが、ホームボタンの下に切れ込みがないため、挿したままの状態で出し入れできないのだ。筆者は自分でニッパーを使って切れ込みを入れ、この問題を解決しているが、本来これが仕様であるべきではないかと思う。次期モデルでの改善に期待したいところだ。

iPhoneをセットした状態で充電も可能だが、構造上Lightningケーブルをつないだまま抜き差しができない
ニッパーで手前を切り取ってやるとLightningケーブルを装着したまま抜き差しが可能になる。ヤスリなどでもう少し丁寧に加工してやる必要はあるが、仕様としてはこちらが正解だろう
製品名 販売元 購入価格
iPhone専用ホルダー フォースメディア 2430円

(山口 真弘)