ニュース

KDDI、京セラ製のLTE対応通信モジュール「KYM11」を5月19日発売

サン電子からは同モジュール搭載ルータ

 KDDI・沖縄セルラーは、LTEに対応した京セラ製の通信モジュール「KYM11」の販売を5月19日に開始する。おもに法人向けに、高速M2M通信を実現するモジュールとして提供される。今回の発売にあわせて、2種類の専用料金プランが用意される。

KYM11

 KYM11は、KDDIのプラチナバンド800MHz「4G LTE」(受信最大75Mbps)に対応する通信モジュールで、産業機器などに基幹部品として組み込まれ、各種データ配信を可能にするもの。LTE対応通信モジュールの提供は、国内の通信事業者としては初となる。KYM11を搭載することで、カーナビゲーションシステムの地図データやデジタルサイネージへの動画コンテンツの配信、カメラで撮影した動画の送信など、M2Mにおける大容量データのやりとりが高速化される。

 GPS位置測位機能、プロトコル変換機能、OTA機能、緊急速報メールなどの機能が搭載されている。SIMカードやUSBを組み込み製品で利用できる、シリアルインターフェース×2(80pinコネクタ)とUSBインターフェース(80pinコネクタ)を備えている。モジュール本体のサイズは37×50×5.3mm、重さは約11g。動作温度は-30℃〜+70℃。

 あわせて提供される料金プランは、下り最大75Mbps・上り最大25Mbpsの通信が毎月7GB利用可能な「LTEモジュールフラット(月額6700円)」と、下り最大512kbps・上り最大512kbpsが毎月300KB利用できる「LTEモジュールダブル定額(月額800円〜2800円)」の2種類。LTEモジュールフラットは、7GBを超えると通信速度が最大128kbpsに制限される。一方、LTEモジュールダブル定額は300KBまでで月額800円、300KBを超えると1KBで1円ずつ追加される。

KYM11を搭載したM2Mルータ「Rooster RX160」

 サン電子は、KYM11を搭載したM2Mルータ「Rooster RX160」およびM2Mリナックスゲートウェイ「Rooster GX160」を、7月に発売する。

「Rooster RX160」サイズは127×81×22mm
「Rooster GX160」サイズは117×92×35mm

 Rooster RX160は、基本ルータ機能に加え、フレッツ光などの有線回線や、VPN(IPsec、PPTP)を搭載している。また、電波状態による通信エラーを防ぐため、死活監視や定時リセット機能といった、無人環境においても安定運用が可能な自律接続維持機能(ASC)を搭載する。Rooster GX160は、センサーからのデータを収集し、クラウドへ送信するM2Mゲートウェイ。モバイルルータ機能をアプリケーションとして提供し、Java/LUA/C言語でユーザーアプリケーションを開発できる。またRX160と同様に、自律接続維持機能(ASC)も搭載されている。

 Rooster RX160/GX160は、5月14日〜16日に東京ビッグサイトで開催される「第3回ワイヤレスM2M展」に参考出品される。

(川崎 絵美)