ニュース

ドコモ、M2M機器に組み込む「eSIM」を法人向けに提供

 NTTドコモは、通信機能を搭載する車両や建設機械等のM2M機器に組み込むSIMカード「eSIM」を、6月30日から法人向けに提供開始する。eSIMを利用することで、ドコモの電話番号だけではなく海外通信事業者の電話番号も書込みが可能になる。

 今回提供されるeSIMは、世界各国の通信事業者が参画する業界団体「GSMA」が、M2M(機器間)通信用途として策定した仕様に準じているもの。GSMAに参画しているNTTドコモが、今回日本で初めて「docomo M2Mプラットフォーム」を利用する法人向けのソリューションとして提供する。

 これまでは、世界各国でM2M機器を販売する企業が海外通信事業者の回線を利用する場合、機器の製造時に各通信事業者が提供する専用のSIMを組み込む必要があった。新たにeSIMを導入することで、製造時に1種類のSIMを組み込むだけで、海外通信事業者の電話番号を随時、書き込むことが可能になる。

 これにより、グローバル企業にとって部品の共有化や、製造・管理などの運用が効率化できるメリットがある。またM2M機器を利用する国を変更する場合も、新たに利用する国の電話番号を、同一のSIMカードで利用できるようになる。

(川崎 絵美)