記事検索
【最新レポート】

【Mobile World Congress 2011】
モトローラ、ATRIXやXOOMなど最新のAndroid端末を展示


モトローラのブース

 モトローラのブースでは、2011 INTERNATIONAL CESで披露されたAndroid端末「ATRIX」と、タブレット型の「XOOM」を展示。高性能なCPUで処理速度が速い点や、タブレット向けのAndroid 3.0を搭載するXOOMが実際に触れる形で披露された。

 ATRIXは、デュアルコアCPU搭載のAndroid搭載スマートフォンで、高性能な端末として紹介されている。モトローラがさまざな活用方法を提案する形で周辺機器が充実しているのも特徴で、ネットブック型のドックや、大画面に出力できるドックがデモを交えて紹介されている。

ATRIX
HDMI端子が側面に用意されている
ドックに接続して大画面に出力 ディスプレイとキーボードを備えたネットブック型端末のヒンジ部分(左側)に、ドックのようにATRIXを装着できる

 XOOMはAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載し、デュアルコアCPUを装備するタブレット型端末。ディスプレイは10.1インチで、ATRIX同様に高性能なスペックが特徴になっている。周辺機器としては、立てかけられるドック加えて、Bluetoothキーボードを使えば、こちらもネットブックのように利用できるようになっている。

Android 3.0搭載のXOOM。実際にAndroid 3.0を触れる形で展示された
背面側はシルバーを基本としたデザイン
ドックにXOOMをセット。Bluetoothキーボードも 10.1インチの大画面でWebブラウジングもネットブックのよう

 



(太田 亮三)

2011/2/15/ 18:06