記事検索
【最新レポート】

【Mobile World Congress 2011】
自社製品の応用範囲の広さをアピールするMediaTek


MediaTekブース

 バルセロナで開催中のMobile World Congressでは、無線通信などの半導体メーカーMediaTekも出展している。

 MediaTekは台湾の新興企業で、工場を持たない、いわゆるファブレスの半導体メーカー。携帯電話の通信関連やGPSなどのチップも手がけていて、とくに新興市場向けの安価な端末向けのチップでシェアが高い。昨年、NTTドコモはMediaTekに対し、LTEプラットフォームのライセンス提供契約を締結している。

MediaTek製品を使った電話機の一例

 ブースでは、同社のチップを採用する各社の携帯電話などの製品に加え、同社のチップセットのリファレンス端末も展示されていた。リファレンス端末は、HSPA対応のAndroid端末とフルタッチフィーチャーフォン、GSM対応の低コスト端末の3種類が展示されていた。

 たとえば「MT6573」というチップセットのリファレンス端末は、Android 2.2を搭載するスマートフォンになっている。通信方式としては、HSPA Rel.6に対応し、プロセッサは650MHzのARMコア。Bluetooth、無線LAN、FMラジオ、GPSなどの各種インターフェイスを備えている。このままコンシューマーが購入するような製品ではないが、チップベンダーがこうしたリファレンス機を用意することで、端末ベンダーが同社のチップを使って端末を作りやすくしている。

Androidタイプのリファレンス機 Androidタイプのリファレンス機のスペック
フルタッチフィーチャーフォンのリファレンス機 フィーチャーフォンのリファレンス機のスペック
低コストタイプのリファレンス機 低コストタイプのリファレンス機のスペック
さまざまな製品にMediaTekのチップが使われている


(白根 雅彦)

2011/2/17 12:14