第4回 スマートフォン&モバイル EXPO【秋】

アイニックス、搭載OSを選べる頑丈な業務用スマホ「BP180」

Android 4.2とWindows Embedded 8.1 Handheldから選択可能

BM180

 バーコードリーダーなどの物流システムを手掛けるアイニックスは、防塵・防滴、耐衝撃性能を有する韓国Bluebird製の業務用ターミナル「BM180」を展示し、デモを行っていた。価格は搭載する機能にもよるが12万円程度〜。

 BM180は、5インチ、1280×720ドットのTFT液晶を搭載した業務用のスマートフォン。国内ではNTTドコモのFOMA網が利用できるほか、IEEE802.11a/b/g/nに対応する。カメラは800万画素のアウトカメラと130万画素のインカメラを装備。CPUは1.5GHz、デュアルコアのプロセッサー、メモリー(RAM)は1GB、ストレージ(ROM)は8GB。OSについては、Android 4.2かWindows Embedded 8.1 Handheldのいずれかが選択できる。

 業務用ということで、端末上部にはバーコードリーダーが搭載されており、オプションでNFCリーダーや磁気カードリーダーも搭載可能。1.2mからの自然落下に耐えられる耐衝撃性能(MIL-STD 810G)や、防塵・防滴性能(IP67)が実現されている。

 大きさは77.95×152.1×16.7mm、重さは261g。標準のバッテリーは3000mAhだが、4500mAhの大容量バッテリーも用意されている。このほか、落下耐久性能を1.8mに強化した「BP30」も別途販売するという。

上部にバーコードリーダーを装備
オプションで磁気カードリーダーも搭載可能
バンパーを大きくして耐衝撃性能を高めた「BP30」も

(湯野 康隆)