記事検索
【最新レポート】

【WIRELESS JAPAN 2009】
KDDI、無線LAN対応microSDカードを参考出品


 KDDIブースでは、参考出品として、無線LAN対応対応のmicroSDカードが展示された。

 今回参考出品された「携帯電話向けmicroSD 無線LANカード」は、IEEE802.11b/gに準拠の無線LAN機能をmicroSDカードサイズにしたもの。ミツミ電機製とルネサステクノロジ製の2つが展示された。

 auの2009年夏モデルでは、東芝製のCDMA 1X WIN端末「biblio」において無線LAN機能を提供している。会場の説明員によれば、今回microSDカード化された無線チップはbiblioに搭載されたものと同じという。なお、商用化および商品化時期は未定。開発側としては、エンドユーザー向けを想定したものだという。価格についても明言はさけられたが、2000〜3000円程度ではないかと話していた。

 なお、無線LANカードは、新バージョンのKCP+に対応している。カード自体に無線LANのアンテナが搭載されているため、バッテリーの内側にmicroSDカードを搭載するタイプの携帯電話などではアンテナゲインがとれない場合があるという。

 biblioなどと同様に、自宅の無線LAN環境やフリースポットなどでの利用が想定されている。より大容量なコンテンツを楽しんだり、コンテンツのまとめ買いなどに向いているという。データの転送速度は最大54Mbpsと、いわゆる無線LANと同等の性能となるが、ストリーミング配信は端末スペックの面で現状では厳しいとしていた。なお、無線LANカードにはメモリカードとしての機能はない。メモリカード兼無線LANカードとするのは物理的に難しいとのこと。

microSD型無線LANカードをパソコンに装着 動画ストリーミングのデモ

 

(津田 啓夢)

2009/7/22/ 16:48

 

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.