記事検索
インタビュー過去記事

「940N」開発者インタビュー

エレガントにWi-Fiが使える端末


 940Nはソフトバンクの新サービス「ケータイWi-Fi」に対応し、13.9mmという薄さの中にWi-Fi、PCメールなどの機能を搭載したハイスペックモデル。かつては女性向けといえばデザインが重視され、機能はそこそこに抑えられることもあったが、今ではむしろ高機能化が進んでおり、940Nも美しさ・性能ともに一歩先を目指した製品となっているようだ。

 今回はそんな940Nを開発するにあたりこだわった点などを、NEC モバイルターミナル開発本部 技術マネージャーの小久保寿人氏、同 モバイルターミナル事業部 主任 高木政志氏、同事業部の荏原研一氏に伺った。

開発コンセプトと製品の特徴

高木政志氏

――まずは開発コンセプトを教えてください。

高木氏
 940Nは機能と美しさの両方に徹底的にこだわったモデルです。機能的にはWi-Fi、PCメール、8メガカメラと過去のNECのフルスペックスリムモデルの中でも最高レベルの性能を誇りつつ、デザイン面ではスリムでエレガントで美しくあることに一切妥協しなかったことが特徴になります。弊社が培ってきたフルスペックラインとデザイン重視のエレガントスリムラインを、高次元でバランスさせたような集大成的な商品と考えています。

――機能面での特徴というと?

高木氏
 最大の特徴は、今回発表されたソフトバンクさんの「ケータイWi-Fi」サービスに対応していることですね。規格上、下りが最大54Mbpsということで、3Gの速度に対して7.5倍のスピードアップになります。これで最大100MBのコンテンツをダウンロードできますから、具体的には1〜2時間程度の映画やドラマをまるまる1本お楽しみいただけます。弊社オリジナルになりますが、センターキーの長押しであらかじめ登録されているアクセスポイントを一発検索できるWi-Fi接続サポートも用意しています。

 もう一つの目玉としては「PCメール」に対応していることです。Yahoo!アドレスの他に、Gmailやその他のISPのメール、フリーのメールアドレスを940N上で利用することができます。特にYahoo!アドレスについてはIDとパスワードを入力することですぐに使える簡単設定もご用意しています。

 カメラは8.1Mで、最大5人まで対応できる「顔検出オートフォーカス」、笑ったときにシャッターが自動で降りる「スマイルモード」、QVGAサイズで120fpsの動画をスローモーション再生できる「スピードムービー」、パノラマ撮影、6軸の手ブレ補正というのも内蔵しています。

 メール関連では内蔵している「マイ絵文字」が従来の930N、931Nの1000件から1500件にアップしました。“お父さん”の絵文字も入っています。作成した文章に応じて5種類のテンプレートが作成できる「おまかせデコレメ」もありますので、デコレメが簡単に作成できます。さらに、メールの送受信サイズが従来の300KBから2MBまで一気に拡張されましたので、8.1Mという高画素カメラで撮った写真を、圧縮せずに送ることも可能です。

荏原研一氏

荏原氏
 文字入力時には時間連動予測が可能です。6時〜11時までを朝、11時〜17時までをお昼、17時〜6時までを夜として、時間にあった変換候補がでてきます。「電話」と入れるとオーナー情報に入っている電話番号が出てくるとか、「住所」で検索すると、登録住所が入力できるといった機能も大変便利です。

高木氏
 内蔵コンテンツとしては、モバイルウィジェットに対応しており、弊社の端末のみ「食べログ」をプリインストールしています。GPSと連動しているので知らない土地でも一番近い店を選んでくれます。“お父さん”が待受画面内を歩いたり、何かをつぶやいたりする「お父さんウィジェット」もありますし、待受画面を開く度に小さな鳥が細かい動きを見せたり、クリスマス、バレンタインはじめとした年間のイベントに合わせた隠し演出などのお楽しみも用意しました。

――デザイン面ではどんな点にこだわったのでしょうか。

荏原氏
 まず薄さですね。13.9mmのスリムボディということで、930Nから引き続きこの薄さをキープしたデザインになっています。さらに開いたときに液晶の筐体とキー面の一体感を重視しています。

高木氏
 当社では「バックビューティ」と言っているのですが、使っているところを見られるという観点からも美しさを訴求したいと考えています。また、フレーミングを施すことで、シンプルで長く持っていても飽きないような落ち着きと高級感、ファッションを選ばないようなシンプルでモダンなデザインを演出しました。

荏原氏
 30パターンのカラフルなキーイルミネーションと、7色の背面のイルミネーションも従来通り継承しています。

高木氏
 930Nのキーイルミネーションはいかにも光りそうな銀色の蒸着部分が光っていましたが、940Nでは消灯しているときは何もない状態に見えるのに、開けると光るという演出にこだわりました。レーザーで細かい穴を開けてあるので穴も見えないんです。そこから光りが広がるという工夫を施しています。

――今回のターゲット層というのはやはり若い女性というのがメインですか?

高木氏
 そうですね。30歳前後の女性と同世代の男性です。公私ともに交友関係が広くてメールの利用頻度が高く、仕事をしているので移動も多いため、情報収集はもっぱら携帯電話からというような方々をイメージしています。

荏原氏
 そんな方々がソフトバンクさんのモバイルポイントが入っているマックやカフェ等で、お茶などを飲みながら無線LANで高速通信をしている、もしくは、新幹線やJR駅構内などいろんなモバイルポイントで無線LANを活用しているというような利用シーンを想定しています。

Wi-Fiを強みに

――今回Wi-Fiを搭載しようと思われたきっかけはなんでしょうか。

高木氏
 当社企画としての視点、ソフトバンクさんとしての視点、実装の観点があり、Wi-Fiというとこれまではガジェット好きな男性がよく使うというイメージも多いかと思うのですが、女性を含めたもっと広い層に訴求できないかと考えていました。それが幸いにもソフトバンクさんの思いと合致したという感じです。

荏原氏
 当社にとってもソフトバンクさんにとってもWi-Fiというものが不可欠なものになっていくのではないかという思いがあり、940Nに搭載することになりました。

――Wi-Fiは御社の931Nですでに搭載されていましたよね。無線LANで使えるサービスですとか、基本的にはやっていることはそこから大きく変わっていないのでしょうか?

高木氏
 931Nと変わっていません。931Nで使えるものは全部使えます。

小久保寿人氏

――かなり以前からWi-Fi搭載については計画されていたということでしょうか。

小久保氏
 そうですね。当社がソフトバンクさんに再参入したときから「ソフトバンクさん向けには薄型モデルを」ということで820N、821N、830Nを私のほうで担当させていただきました。その後ハイエンドの薄型機になったときに、どういうところを目指すのかということになり、やはり全部入りだろうと。さらにそこで弊社の強みをWi-Fiにしようということになり、ハイエンドの薄型機の中にどう入れるかという検討が930Nのときにすでに並行して始まっていました。ですから、商品開発期間というのは非常に長かったと言えます。

――ドコモのモデルと比べて薄型というサイズ感としてはかなり似通っています。同じサイズ感の中にWi-Fi機能が追加されてるわけですが、両者の違いについて教えてください。

高木氏
 カメラでいえば、画素数は同じなのですが、機能の中で一部差異があります。「クイックショット」や「自動シーン判別機能」などに対応していません。あとはイルミネーションの光り方が違います。ニューロポインターの有無もあります。

――ということは「ニューロポインター」がない代わりに、Wi-Fiを搭載できたとも考えられますか。

小久保氏
 今回は、Wi-Fiを搭載することが重要だろうと考えました。「ニューロポインター」については、今後検討していきたいと思います。

――この端末はWi-Fiに加えてBluetoothにも対応しているわけですが、干渉についてはいかがですか。

小久保氏
 Bluetoothに関しては周波数帯が同じなので、排他で使うような制御にしています。同時には動かないんです。

――無線LANを使ってアクセスしているときに音声通話が着信して、Bluetoothヘッドセットで話したい……となると、スムーズに行くものなんですか?

小久保氏
 そこはある程度の制限はあります。どうするかというところに関してはソフトバンクさんとも相談させていただいて、今回の切り替えて使うという方式になりました。実際、アンテナも同じアンテナを使ってるんです。

――搭載されているWi-Fi機能は、例えばケータイWi-Fiで提供されるコンテンツ以外に、自宅の無線LAN経由で一般のニュースサイトを見るといった使い方も可能なんでしょうか。

高木氏
 はい。ダイレクトアクセスも可能です。

――「PCメール」ですが、いわゆるPOP、SMTPのメーラーが載っているという解釈でよろしいですか。

高木氏
 はい。普段パソコンで利用しているメールなどが、パソコンを起動しなくても940Nでチェックできます。

荏原氏
 弊社のPCメールは、S!メールとPCメールのメニュー構成が完全分離してまして、トグルで切り替えるスタイルになっています。やはりPCメールとS!メールでは宛先とかが違う用途で使われるケースが多いので、同じ受信箱にはせず完全に分けました。

――それでは最後に読者向けに一言お願いします。

荏原氏
 940NのWi-Fiの通信速度なんですが、体感的にブラウジングのレスポンスが非常によく、快適にご利用いただけると自負しています。何かと忙しい女性だからこそ、使っている姿も美しく見せることにこだわった940Nで、より多くの方にそのスピードと利便性を体験していただきたいです。

――本日はどうもありがとうございました。




(すずまり)

2010/1/28 15:59


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.