記事検索
最新ニュースIndex

auのW63CAやW64SHなど6機種で不具合、ソフト更新開始


 KDDIは、カシオ製「W63CA」、日立製「W63H」、シャープ製「W64SH」、ソニー・エリクソン製「Premier3」、東芝製「W62T」「W64T」の計6機種で、複数の不具合があることを明らかにした。2日からは事象を解消するソフトウェア更新サービス「ケータイアップデート」の提供が開始されている。

 今回明らかにされた事象は全部で6種類。6機種全てで発生する事象は1つで、SSLサイトで大きなファイルアップロードを行うと、接続が切断されることがあるという。ただし、データが壊れたり、消えたりすることはない。

 また、「Premier3」を除く5機種では、情報量が多いサイトなどEZwebを利用している最中に電源リセットやキー操作できない状態になることがある。もしキー操作できなくなれば、電池パックの脱着で復帰できる。

 W63CA、W63H、W64SHの3機種に共通する事象は、アラームが鳴らないことがあるというもの。W63CAとW63Hでは、ムービー撮影後に操作できないことがある。

 このほかPremier3では、文字入力時にフリーズやリセットしたりする事象や、電池残量レベルが正しく表示されない事象も確認されている。

 ケータイアップデートにかかる時間は、W63CAとW63H、W62Tが最大20分、W64SHとPremier3が最大20分、W64Tが最大10分となっている。

W63CA W63H
W64SH Premier3

 

W62T W64T


(関口 聖)

2009/7/2 12:05


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.