記事検索
最新ニュースIndex

「F-09A」と「P-07A」に不具合、ソフト更新開始


 NTTドコモは、富士通製の「F-09A」とパナソニック製の「P-07A」の2モデルの不具合を公表し、ネットワーク経由で端末ソフトウェアが更新できる「ソフトウェア更新」の提供を開始した。

 「F-09A」の不具合は、「Flashゲーム中に通話ができない」「タッチパネル操作後にリセットする」「満充電しても電池の持ちが悪くなる」の3点。「P-07A」の不具合は、「使用状況によって電池の持ちが悪くなる」「特定の設定においてメッセージR/Fを受信すると、iチャネルの項目に未読メールアイコンが表示される」の2点。

 いずれの不具合も端末ソフトウェアを最新版にすることで解消する。更新は携帯電話をフル充電の状態で実行する。作業時間は「F-09A」が約12分、「P-0&A」が約7分かかり、通話やメールを含む携帯電話の操作が行えない。なお、更新作業にかかるパケット通信料は無料となる。

 

(津田 啓夢)

2009/7/23 15:35


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.