記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンクとディズニー・モバイル、8月末にメール不具合


 ソフトバンクモバイルとディズニー・モバイルは、8月28日10時20分〜31日3時58分に、関西や北陸など一部エリアにいたユーザーの携帯電話で、送信メールの送信元アドレスが第三者のデータとして表示されるなどの障害が発生していたことを明らかにした。

 今回明らかにされた事象は、あるユーザーから送られたメールが他人のメールアドレス・電話番号で受信側の携帯電話で表示されたり、他人宛メールを受信したりするというもの。他キャリアのユーザーとやり取りしたメールも含まれている。たとえばソフトバンクユーザーのAさんからNTTドコモユーザーのBさんにメールを送信した際、当該事象が発生すると、他人(Cさん)の電話番号・メールアドレスとしてBさんに届いたことになる。

 原因は、ユーザーを識別するメールサーバーの不具合。ソフトバンクモバイルのメールサーバーのごく一部で発生し、そのメールサーバーを介したユーザーのうち、関西、北陸、中国、九州・沖縄のエリアにいたユーザーのメールで発生した。対象契約数は3902件。そのうち、ディズニー・モバイルが58件となっている。

 なお、不具合は既に解消されている。また、今回の事象による通信については、通信料は発生しない。他キャリアのユーザーに対して、ソフトバンクモバイルでは「料金面でご迷惑をかけないよう対応していく」としている。

 



(関口 聖)

2009/9/9 16:11


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.