記事検索
最新ニュースIndex

ソニー・エリクソン、Android搭載スマートフォン「XPERIA X10」


XPERIA X10(Sensuous Black)

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、OSにAndroid 1.6を搭載したフルタッチ操作のスマートフォン「XPERIA X10」を発表した。日本を含む世界で2010年第1四半期に、各国のキャリアを通じて発売される。

 「XPERIA X10」は、同社が海外市場で展開していたスマートフォン「XPERIA」シリーズの最新モデル。「XPERIA X1」「XPERIA X2」ともにOSにWindows Mobileを搭載しているが、「XPERIA X10」ではAndroid 1.6が採用されている。ディスプレイは4インチ、フルワイドVGAのタッチパネルで、CPUに1GHz駆動の「Snapdragon」(QSD8250)を搭載。カメラは8メガカメラと高機能で、同社が2010年上半期に発売するラインナップの中でもフラッグシップモデルに位置付けられている。

 ユーザーインターフェイスではソニー・エリクソン独自の「UX」プラットフォームを新たに搭載しており、アドレス帳やソーシャル・サービスを横断的に利用でき、高いカスタマイズ性とオープンな環境を実現したとしている。

 カメラは8.1メガピクセルで、16倍のデジタルズーム、顔認識対応のオートフォーカス、タッチ操作によるフォーカス操作、位置情報記録機能に対応する。外部メモリはmicroSDHCカードで、8GBのmicroSDHCカードがパッケージに同梱される。

 縦横の向きを自動認識するほか、ジェスチャーコントロールも可能。上面に3.5mmヘッドホンジャックを備えMicro USB端子を搭載。A-GPSも搭載されている。パッケージにはステレオイヤホンマイクが同梱される。

 Webkitのフルブラウザを搭載し、待受画面からGoogleで検索を行うことも可能。動画のストリーミング機能や、YouTube閲覧機能も別途備えている。Eメール、MMS、SMSをサポートし、Exchange ActiveSyncも利用できる。

 このほか、Androidマーケットに対応し、Gmail、Googleカレンダー、Googleマップ、Googleトークを搭載する。

 ディスプレイは4インチ、480×854ドット、フルワイドVGAのタッチパネルで、キーボードを搭載しないフルタッチ操作のストレート型端末となる。本体下部には3つのボタンを備える。内蔵メモリは1GB。

 通信方式はW-CDMA(HSPA)とGSM、GPRS/EDGE。各国におけるW-CDMAの利用周波数別に、900/1700/2100MHzと、800/1900/2100MHzの2種類が用意されている。無線LAN、Bluetoothもサポートされる。

 大きさは119×63×13mmで、重さは約135g。ボディカラーはSensuous BlackとLuster White。

XPERIA X10(Luster White)

 



(太田 亮三)

2009/11/4 13:11


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.