記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンク、2009年冬モデルを発表


 ソフトバンクモバイルは、2009年の秋から2010年の春にかけて発売する携帯電話のラインナップを発表した。音声端末として17機種、さらに詳細は不明だがAndroid端末1機種の投入が発表され、デジタルフォトフレームなどの端末と合わせて21機種を新たにラインナップする。

 ソフトバンクモバイルから発表された新端末は、無線LAN対応端末が拡大されており、新端末では「940SH」「941SH」「943SH」「941P」「940N」が、新サービス「ケータイWi-Fi」をサポートする。加えて、2009年5月に発表され未発売の「931N」も「ケータイWi-Fi」対応モデルとなる。これらの端末では公衆無線LANの「BBモバイルポイント」を利用できるほか、動画などの大容量コンテンツを配信する新サービス「ケータイWi-Fiチャンネル」を利用可能。サービスとしての「ケータイWi-Fi」には対応しないものの、スマートフォンの「X02T」「X01SC」も無線LAN機能を搭載する。また、Android端末の投入も明らかにされた。

 通常の端末としては、「940P」「840P」「841P」「940SC」「740N」「741N」「942SH」「942SH KT」「840SH」の9機種をラインナップし、法人向け端末として「840P for Biz」も用意される。また、10月16日に発売された「832SH s」も2009年の秋冬モデルとして同時期に展開されることになる。

 データ通信端末では、HSUPA対応の「C02LC」「C02SW」を新たに展開するほか、デジタルフォトフレームとして9インチのディスプレイを搭載する「HW002」をラインナップする。

 このほか、サービス面でウィジェットのUIの改善やデコレメールの自動作成機能「楽デコ」、プリインストールされる文字種の強化、最大2MBまでの大容量添付ファイルへの対応、PCメール対応機種の拡大などが行われる。また、音声端末でも一部がHSUPAに対応するほか、1.5GHz帯の周波数に対応したモデルも含まれている。

 

(太田 亮三)

2009/11/10 11:00


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.