記事検索
最新ニュースIndex

3.5インチ有機ELでフルタッチ操作のサムスン製端末「940SC」


940SC(パッショネイトレッド)

 「OMNIA VISION 940SC」は、約3.5インチの有機ELを搭載し、フルタッチ操作としたサムスン電子製のストレート型3G端末。発売時期は2009年11月下旬以降。価格は現段階で未定だが、月月割適用時の実質負担金4万円台での提供を目指すという。

 同じくサムスン電子が開発した3G端末「OMNIA POP 931SC」の実質的後継モデル。メインディスプレイのサイズが3インチTFT液晶から3.5インチ有機ELへと大型化。カメラの画素向上、おサイフケータイ対応なども新たに行われた。

 有機ELいう観点からは、10月時点での調査によると日本国内向けの携帯電話として最大の画面サイズを誇るという。1万:1の高コントラスト表示、180度の広視野角、1μsの高速応答速度なども実現した。

 テンキーを搭載しない、フルタッチ操作のストレート型端末であり、ほぼすべての操作を指先による画面タッチで行うことが可能。センサーは感圧式で、タッチのたびに振動する「フィードバックバイブレーション」機能も備える。なお本体側面には、マナーモード切替やページスクロール、シャッターなどのボタンも合わせて搭載する。

 ボディ背面には折りたたみ式スタンドが内蔵されており、縦・横のいずれの状態でもボディを机上などに立たせることが可能。スタンドの開閉に応じて各種機能が自動起動する設定にも対応。デジタルフォトフレーム、ワンセグや動画の視聴、サブカメラを利用した自分撮りなどに応用できる。なお使用しない場合は、本体に一体化したフラットな形状で収納できる。

 また本体前面のステレオスピーカーは、端末を横向きにした状態で左右に配置される構造。Bang & Olufsen ICEPower製のアンプも内蔵しており、迫力のあるサウンドが楽しめるという。

 ソフトバンクの最新サービスにも対応しており、Yahoo!ケータイやおサイフケータイ、S! GPSナビ、ウィジェット、ハイスペック動画といったサービスをサポートしている。ただし無線LAN機能は非搭載のため、「ケータイWi-Fi」のコンテンツは視聴・閲覧できない。

 なおウィジェットについても、931SCから改善された。これまではサムスン独自のウイジェットのみ利用できたが、940SCではソフトバンクが提供する「モバイルウィジェット」にも対応した。1つの待受画面内でサムスン独自ウィジェットと混在させることもでき、配置の自由度が向上した。独自機能の「お絵かきアニメ」についても、デコレーション用スタンプの収録数などが増加している。

 主な機能として、ワンセグ、おサイフケータイ、世界対応ケータイ(GSM)、下り最大7.2MbpsのHSDPA、PCサイトブラウザ、GPS、ウィジェット、大容量ファイル添付機能(1MB)、Bluetoothに対応する。外部メモリカードはmicroSDHCカード(最大16GBまで)。

 メインディスプレイは約3.5インチ、480×800ドット(ワイドVGA)の有機ELで、カメラは約812万画素、オートフォーカス対応のCMOSカメラ。テレビ電話などで利用する約32万画素CMOSのサブカメラも内蔵する。

 大きさは約57×115.9×13.5mm、重さは約143g。連続待受時間は600時間、連続通話時間400分(W-CDMA網接続時に静止した状態)。ボディカラーはパッショネイトレッド、ブラック、ゴールドの3色。


ブラック
ゴールド

 

 

(太田 亮三 / 森田 秀一)

2009/11/10 12:19


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.