記事検索
最新ニュースIndex

宅内通信環境を改善するフェムトセルサービス「マイエリア」


 NTTドコモは、フェムトセル型のサービス「マイエリア」を11月中旬より開始する。同社では18日より受付を開始する。

「マイエリア」概要図

 「マイエリア」は、宅内にごく小さなエリアをカバーする基地局を設置することで、宅内の通信環境を改善したり、付加価値的サービスを利用できるというもの。“ごく小さなエリアの基地局”という意味の業界用語が「フェムトセル」とされることから、「マイエリア」はフェムトセル型サービスと呼ばれる。

 1つの基地局には、最大10台の携帯電話を接続できる。対応機種は、最新ケータイだけではなく、過去にリリースされたものを含め179機種がサポートされている。ただし、11月10日に発表された新機種のうち13機種については、フェムトセル接続時に専用アイコンが表示されることなどから、推奨機種とされている。既存の機種では、フェムトセル設置エリアに入ったときに、待受画面で「*26101」に電話をかけると、近くのフェムトセルへ接続する。繋がると、小型ながら1つの基地局をわずかな人数で利用できることから、通常よりも通信速度の向上が見込める。なお、フェムトセルではパケット通信だけではなく、通話も含め、全てのFOMAサービスが利用できる。

 基地局利用料は月額980円で、初期費用が2100円かかる。ただし、2010年5月31日までに申し込めば、初期費用がかからず、月額利用料が490円となる。2010年6月以降の申し込みであっても、ファミ割MAX50や10年以上利用してファミリー割引や(新)いちねん割引を契約しているユーザーは、初期費用がかかるものの、月額490円で利用できる。

付加価値サービス

 通信速度の向上に加えて、提供されるサービスは、「マイエリア専用コンテンツ」と呼ばれるもの。動画や音楽が用意され、ドコモ提供の物は無料、コンテンツプロバイダ提供の物は有料/無料のものがある。現時点では、スポーツや音楽、芸能、生活情報といったジャンルのコンテンツが提供予定となっている。

 また「イマスカ機能」と呼ばれる機能は、家族(フェムトセルに登録した携帯電話)が自宅にいるかどうか、チェックできる機能。オートGPS対応の携帯電話であれば、フェムトセルの外に出ると、自動的に他のユーザーへ外出したことを通知する。オートGPS非対応機種の場合は、手動で「外出したよ」と通知する必要がある。外出の知らせだけではなく、帰宅したユーザーに対してメッセージを残しておくこともできる。専用サイトからメッセージや宛先を入力・指摘しておく形になる。

専用コンテンツが用意される イマスカ機能の概要図
専用サイト イマスカ機能のページ

マイエリアの仕組み

 フェムトセルは、ごく小さなエリアをカバーする基地局、あるいはその基地局のサービスエリアのことを意味する言葉。今回ドコモの「マイエリア」では、三菱電機製のフェムトセル装置をユーザーの個人宅へ設置することで実現している。

 フェムトセルとドコモのネットワークは、ユーザーの自宅に導入されている固定回線経由で接続される。このとき、固定回線のインターネット接続機能と、ドコモ網接続機能を同時に利用できるようにするため、固定回線側にはマルチセッション機能が必要とされ、現時点ではマルチセッション対応のFTTH回線はNTT東西が提供するBフレッツおよびフレッツ光ネクストのみとなる。ただし、ドコモでは他の固定回線事業者とも交渉を行っているとのことで、今後、NTT東西以外の回線でも利用できるようになる可能性がある。

フェムトセル 背面

 また、電波法制上、基地局を設置してから、別の場所(この場合は他の人の自宅)にある回線に繋いでしまうと違法開局となる。このため、接続する回線を常に定めておく必要があり、「マイエリア」を利用するには光回線側のIDも必要とされる。フェムトセル装置は、ユーザーが購入するものではなく、ユーザーの申請を受けてドコモが設置するものとなる。申請から設置までは6週間程度かかるとのこと。設置にあたり、ドコモとユーザーとの間では「運用者変更」と呼ばれる手続きが交わされる。これにより、電波法上、自宅内であれば設置する場所は自由となり、何らかのトラブルが発生した時にユーザー自身の手でリセットしたり、電源をオフにしたりできるようになる。

 1つのフェムトセル装置には、最大10台まで登録でき、同時接続数は4台となる。登録された端末はフェムトエリアに入ると自動的にフェムトエリアに接続できるが、ハンドオーバーには非対応。1ユーザーあたり4つのフェムト基地局が登録できる。

 ドコモでは、専用窓口「マイエリアセンター」を新たに設け、申請〜設置までをサポートする。申請は、ドコモショップや電話窓口、パソコンから行える。

 

(津田 啓夢 / 関口 聖)

2009/11/10 13:00


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.