記事検索
最新ニュースIndex

PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」


HYBRID W-ZERO3
スライド型でテンキーを採用

 ウィルコムは、PHSとW-CDMAに対応し、別売のW-SIM型のGSM/GPRSモジュールを装着すればGSMエリアでも利用できるシャープ製スマートフォン「HYBRID W-ZERO3(ハイブリッド ダブリューゼロスリー)」を2010年1月に発売する。

 「HYBRID W-ZERO3」は、PHSに加えて、ウィルコムが借り受けているドコモ網も利用できるスマートフォン。形状はスライド型で、タッチパネル操作のほか、方向決定キーやテンキーでも操作できる。方向決定キーは「Xcrawl(エクスクロール)」と呼ばれるデバイス。Advanced/W-ZERO3[es]にも搭載されていたもので、指でなぞってスクロールなどができる。

 同梱されるPHS通信用のW-SIMは、アルテル製の「RX430AL」で、ウィルコム初のW-OAM typeG(4x)対応W-SIMとなる。PHS対応エリアでは下り最大400kbps、W-CDMA対応エリアでは下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsで通信できる。なお、RX430ALは他のW-SIM対応機種でも利用できるが、単体発売については検討中とのこと。

 別途、テクニッコジャパンから販売される予定のW-SIM型のGSM/GPRSモジュール「CM-G100」(製造元:IAC)にも対応している。「CM-G100」を装着して海外で利用するには、GSM対応のSIMカードが必要となる。このため、「HYBRID W-ZERO3」ではバッテリーカバーを開けると、W-CDMA用のSIMカードスロット、microSDカードスロットに加え、GSM用SIMカードスロットが用意されている。GSM用SIMカードは、基本的にユーザー自身の手で用意することが想定されており、海外渡航時に現地で契約すれば、国際ローミングよりも安価に利用できる。「CM-G100」は、他のW-SIM対応機種では利用できない。

ノーブルブラック プレミアムゴールド
右側面 左側面
底面にW-SIMスロット 中央にGSM用のSIMカードスロット。その上(右)は3G用のUSIMカードスロット。下(左)はmicroSDカードスロット

 OSは、Windows Mobile 6.5 Professional(日本語版)を搭載する。マイクロソフトのサービス「Windows Live Marketplace」「My Phone」も利用できる。テンキー部には、Windows Liveキーが用意されており、ワンタッチでメールやメッセンジャーのランチャー画面にアクセスできる。メールを初めて利用する際には、IDやパスワードなどの複雑な設定を行うことなく、アカウントを指定するだけで利用できる仕組みとなっている。

背面

 ユーザーインターフェイスは、独自デザインのものが用意されており、一般的な携帯電話らしい使い方に近づくよう、アドレス帳や発着信履歴、設定メニューなどで工夫されている。通常のWindows Mobile 6.5のメニュー画面も利用できる。ブラウザはFlash Lite 3.1をサポートする。

 タッチパネルディスプレイは3.5型、480×854ドット、26万2144色、モバイルASV液晶で、CPUはクアルコム製MSM7200A(ARM11、528MHz)となる。無線LAN(IEEE802.11 b/g)、赤外線通信、Bluetooth 2.0、500万画素CMOSカメラ(AF/手ブレ補正対応)、microSDカードスロット、GPS、モーションセンサー、USB端子(microABコネクター)、平型イヤホンマイク端子を装備する。

 大きさは約53×120×16.9mm、重さは約158g。ボディカラーはノーブルブラック、プレミアムゴールドの2機種。今後、Bluetooth対応キーボードやUSB対応キーボード、ハンドセットなどの周辺機器も発売される予定。料金についても新プランが検討されているが、詳細はあらためて案内される。

待受画面 メニューランチャー
Windows Mobile 6.5のメニュー画面 発着信履歴
アドレス帳

 



(関口 聖)

2009/11/11 14:02


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.