記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンク、携帯やiPhone向け「Wi-Fiバリュープラン」発表


 ソフトバンクモバイルは、無線LANサービス「ケータイWi-Fi」対応端末とiPhone向けに、端末本体価格が割り引きされる定額パケットオプション「Wi-Fiバリュープラン」「Wi-Fiバリュープラン(i)」を2月1日から提供する。

 「Wi-Fiバリュープラン」は、ケータイWi-Fi対応機種向けのパケット定額オプション。パケット定額料金(月額4410円)と「ケータイWi-Fi」の利用料(月額490円)のセットで、対応端末の本体価格を最大4800円分割り引くパケット料金プラン。

 iPhone向けの「Wi-Fiバリュープラン(i)」は、パケット定額料金(月額4410円)と公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-FIスポット(i)」の利用料(月額490円)で、こちらはiPhoneの本体価格を最大1万1520円割り引くというもの。

 いずれも新規契約および買い増し時に、新スーパーボーナス用販売価格で購入する際、同時に申し込む必要がある。新スーパーボーナスでは2年契約が条件となり、中途解約時には解除料9975円がかかる。「Wi-Fiバリュープラン」「Wi-Fiバリュープラン(i)」でもこの条件が適用される。

 また、契約時には料金プラン「ホワイトプラン」「ホワイトプラン(i)」(いずれも月額980円)と、「S!ベーシックパック」「S!ベーシックパック(i)」(いずれも月額315円)の契約が必要。

 「Wi-Fiバリュープラン」でフルブラウザなどを利用した場合、定額利用料は月額5985円となる。パソコンなどと接続して通信モデムとしてパケット通信した場合、1パケット(128byte)あたり0.21円の従量制となる。

 なお、「ケータイWi-Fi」および「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」は、2010年12月31日までに申し込むと月額利用料が無料となる。「ケータイWi-Fi」では「ソフトバンクWi-Fiスポット」も利用可能。「ソフトバンクWi-Fiスポット」は公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」に加え、「今後さらに拡張されるエリアでも公衆無線LANが利用できるようになる」としている(広報部)。ただし、現時点では拡張エリアが発表されておらず、BBモバイルポイントと同じエリアに対応している。

 ソフトバンクでは、iPhone割引キャンペーン「iPhone for everybodyキャンペーン」を展開しているが、このキャンペーンは1月31日に終了する。このため、2月1日以降にiPhoneをこれまで通り分割購入した場合、端末支払い額が0円〜とならなくなる場合がある。今回の「Wi-Fiバリュープラン(i)」を契約することで、ソフトバンクの言う「実質負担額」が2月1日以降も16GB版が0円、32GB版が480円で購入できるとしている。

 なお、「Wi-Fiバリュープラン(i)」では、現行の「パケット定額フル」(月額1029〜5980円)と比較すると、下限の料金が値上がりして上限額が値下がりしている。

 



(津田 啓夢)

2010/1/29 13:53


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.