記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンク、iPhone向けパケットプラン「標準プライスプラン」


 ソフトバンクモバイルは、パケット通信料が月額1029円〜4410円で段階的に定額となるiPhone向け料金プラン「標準プライスプラン」を3月6日より提供する。

 「標準プライスプラン」は、iPhoneのパケット通信料が月額1029円〜4410円の2段階で定額となる専用パケット定額プラン。パケット単価は1パケット0.084円で、月間パケット通信量が0〜1万2250パケット(約1.5MB)までは月額1029円、超えた分は従量制で料金が上昇し、5万2500パケット(約6.4MB)以降は月額4410円で固定される。

 なお、新規契約および機種買い増しなどでiPhoneを新スーパーボーナス用価格で購入する際に同時申し込みし、基本料金月額980円〜の料金プラン「ホワイトプラン(i)」および「S!ベーシックパック(i)」(月額315円)を契約する必要がある。

 2年契約(2年毎に自動更新)となり、途中で解約したり料金プランを変更したりすると、契約解除料として9975円がかかる。

 パケット料金プランの内容としては、ソフトバンクが1月まで展開していたiPhone向け割引キャンペーン「iPhone for everybodyキャンペーン」の内容と同等のもの。キャンペーンでは端末の「実質負担額」が0円〜となったが、今回の「標準プライスプラン」では端末価格の割引などはない。

 ソフトバンクのオンラインショップ価格で計算した場合、iPhone 3GSの端末「実質負担額」は、16GBタイプで480円×24カ月、32GBで960円×24カ月となる。なおソフトバンクでは、新スーパーボーナス契約の場合に、一定額を「通信料金」から割引する「月月割」の適用後の料金を「実質負担額」と表現している。

 ソフトバンクでは、「iPhone for everybodyキャンペーン」の終了に伴って、2月1日からパケット定額料金(月額4410円)と公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」の利用料(月額490円)のセットで、iPhoneの本体価格を最大1万1520円割り引く「Wi-Fiバリュープラン(i)」を提供している。

 



(津田 啓夢)

2010/3/5 13:10