記事検索
最新ニュースIndex

海外渡航者向けにモバイルルーターのレンタルサービス


 テレコムスクエアは、海外渡航者向けに、現地で利用できるモバイル無線LANルーターのレンタルサービス「Wi-Ho!」を開始した。アメリカ用、中国用、日本国内用の3タイプが用意され、利用料は1日につき1500円(日本国内用は1日1575円)の定額制。

 今回提供が開始されたモバイル無線LANルーターは、渡航先で無線LANのアクセスポイントとして利用できるデータ通信用の端末。最大5台の無線LAN対応機器を接続でき、バッテリーによる連続通信時間は約4時間となっている。

 アメリカ、中国、日本向けでそれぞれ別の端末が用意されている。アメリカはVerizon Wirelessのネットワークを利用するモデルで、通信速度は下り最大1.4Mbps、上り最大800Kbps。中国はChina Unicomのネットワークを利用するモデルで、通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbps。日本国内はイー・モバイルのネットワークを利用するモデルで、通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbps。

 成田空港にはカウンターが用意され、受け取りと返却、利用料金の支払いが可能。申込みはWebサイトからも行える。

 

(太田 亮三)

2010/3/26 14:35