記事検索
最新ニュースIndex

Xperia発売、ドコモ山田社長や成海璃子が店頭に


 NTTドコモは、Android搭載のスマートフォン「Xperia」を発売した。発売日となった4月1日は、都内の量販店で発売記念イベントが開催され、ドコモの山田社長や女優の成海璃子が駆けつけ、新しいスマートフォンの展開をアピールした。

NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏 成海璃子

 店頭の発売記念イベントは、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaとビックカメラ有楽町店で開催された。NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏は、「Xperiaはコミュニケーション・エンターテイメントマシン。コミュニケーションを、エンターテイメントとして楽しんでもらえる」とコンセプトを語り、TimescapeやMediascapeを紹介。ドコモマーケットなどドコモ独自の取り組みにも触れ、「スマートフォンの価値観、世界観が大きく進歩するだろう」と自信を見せた。

 また、店頭に駆けつけた成海璃子は、「持ったときにすごく軽いと思いました。白とか、デザインもかわいい思います。Timescapeは、写真を触ると履歴が出てきて、新しいと思いました。みなさんも、新感覚エンターテイメントを楽しんでください」とXperiaの感想を語り、イベントに集まった人々へアピールした。

 

事前予約は5万台以上、秋にはiモードメールに対応

質問に答える山田社長

 山田氏は、記者からの質問に応じる中で、Xperiaで実施した事前予約が5万台以上に上ったことを明らかにし、「iPhoneに十分対抗できる。しっかり競合していきたい」と、iPhoneと戦っていく姿勢を明確にした。Xperiaのポイントについては、大画面やHSUPA、800万画素のカメラなどハードウェア面に加えて、Timescape、Mediascape、マルチタスクを「iPhoneに負けないところではないか」とし、ソフトウェア面でも充実している様子を語った。また、店頭ではすでにデモ機も置かれていたソフトバンクモバイルのAndroid端末に対しても「負けないと思います。ドコモが自信を持っておすすめできる」と自信を見せた。

 一般的な携帯電話を使っているユーザーへのアピールについては、「2台目で持ってもらってもいい。1台目として持ってもらうためには、iモードメールを2010年中、ぜひ秋ぐらいには使えるようにしたい。さらに、おサイフケータイ、ワンセグへも対応していきたい」と語り、スマートフォンでも既存の携帯電話と同様のサービスを提供していく方針を示した。

 スマートフォンの市場性については、「2009年度で200万台程度。2010年度はさらに2〜3割はアップするのではないか」と市場が拡大するとの見方を明らかにし、「端末の総販売台数から比較するとスマートフォンのシェアは10%未満にとどまっているが、アメリカのよう(20%以上)になるのも、そう遠い時期ではないだろう」と、今後も急速に拡大していくと予測した。

 キャンペーンなど販売施策については、「これから、いろいろなキャンペーンを考えていきたい。今のところは0円キャンペーンではない」とし、販売価格を含めてさまざまな施策を講じていくとした。

 ドコモマーケットの意味については、「ユーザーのすそ野を広げたい。ITリテラシーの高くない人でも、いろんなアプリやコンテンツを取ってこられる。そういった手軽さを広げていきたい」とした。

 このほか、次世代の端末にからんで議論されている、SIMロックの解除に関する質問では、「通信方式、周波数帯、サービスの3つを抱えているが、グローバルな端末ではそういうところもなくなってくるかもしれない。2年間の契約で安価になるのと、ユーザーがどちらを選ぶかによる。基本的に、SIMロック解除は大きな方向としてあると思うが、通信方式、周波数帯、サービスの違いをどうユーザーに理解してもらい、選んでもらうかになるだろう」とし、サービスが提供されている実際の仕組みを理解してもらいながら、選択肢として用意する構えがあるとした。

 



(太田 亮三)

2010/4/1 12:35