記事検索
最新ニュースIndex

セパレート携帯「F-04B」向け小型プロジェクター発売


 NTTドコモは、富士通製FOMA端末「F-04B」向けの小型プロジェクター「プロジェクターユニット F01」を4月30日より発売する。オープンプライスとなるが、店頭価格は2万円台後半になる見込み。全国のドコモショップで購入できる。

 「F-04B」は、ディスプレイユニットとキーユニットが分離するユニークなギミックが特徴の富士通製FOMA端末。「プロジェクターユニット F01」は、「F-04B」のディスプレイユニットと装着可能なオプションユニットの第1弾となる。小型のプロジェクターを利用してワンセグや写真、映像などがより大画面で楽しめる。

 キーユニット装着時のようにディスプレイユニットとドッキングできるほか、Bluetoothで接続できる。ディスプレイユニットに装着した場合、ワンセグや静止画/動画、PCドキュメント(Word/Excel/Powerpoint/PDF)、iアプリが表示可能。Bluetooth接続の場合、ワンセグや動画、iアプリ、PDFファイルの表示ができない。

 プロジェクターユニットはDLP方式を採用し、光源は3色LEDとなる。解像度854×480ドット(16:9)で、投影されるスクリーンサイズは約5インチ〜約66インチ。投影距離は約23〜約320cmとなり、ピントはダイヤルで合わせる。明るさは「最高」の設定で約9lm(Bluetooth接続時は約6lm)、標準で約6lm(Bluetooth接続時は約4lm)となる。外部インターフェイスとして、ビデオ入力(アナログRGB)にも対応する。

 連続投影時間は標準輝度で約120分、充電時間は約150分となる。大きさは約114×51×16.4mm、重さは約88g。

 



(津田 啓夢)

2010/4/22 16:22