記事検索
最新ニュースIndex

au網利用のMVNO、「Tigersケータイ」「GIANTSケータイ」


 阪神タイガース、アイテック阪急阪神、阪神コンテンツリンク、インフォニックス、KDDIの5社は、5月24日よりタイガースファン向けの携帯電話サービス「Tigersケータイ」を提供する。5月10日から予約受付を開始する。

 また、読売新聞東京本社、インフォニックス、KDDIの3社は、読売巨人軍が協力したファン向け携帯電話サービス「GIANTSケータイ」を6月30日より提供する。予約受付は6月10日から。

 どちらも、携帯電話の外観やメニューをファン向けにカスタマイズしたものではなく、KDDIのネットワークを借り受けるMVNO(仮想移動体通信事業者)型サービス。インフォニックスが通信事業を支援するプラットフォーム「SELECT MOBILE」を提供し、KDDIが請求システムとの連携や端末調達などを行う。

 

Tigersケータイ

TK-SH005

 5月24日開始(5月10日予約受付開始)の「Tigersケータイ」は、プロ野球球団の阪神タイガースのファン向けに特化した携帯電話サービス。auの携帯電話をベースにした専用端末を購入し、回線契約をすると、チケット販売サービスやオリジナルコンテンツが利用できる。

 専用の携帯電話は、SH002をベースにした「TK-SH002」(プリズムホワイト、スカイブルー)、SH004をベースにした「TK-SH004」(ジャスミンホワイト、ラベンダーピンク、ミントブルー)、SH005をベースにした「TK-SH005」(サクラピンク、ハニーイエロー、チョコミントブルー、モーニングホワイト、ベリーレッド、フィールドグリーン、ナイトブラック)、T003をベースにした「TK-T003」(シトラスグリーン、ルミナスレッド、グラファイトブラック)となる。また今後、数機種追加される予定。基本的なスペックやサービスは、au提供のものと同等となる。外観はほぼ同等で、背面にオリジナルロゴが入っている。

 サービスとしては、巨人戦や週末など甲子園球場で開催される全日程において、人気の席を特別枠として販売する「プレミアムチケット直前販売」が提供される。2010年シーズンでは、6月29日〜9月20日まで計4340枚(加入者に応じて増加予定)のみずほ銀行シート、1塁アイビーシート、1塁アルプス席、ライト外野席が確保される。これらのチケットは、試合開催の約2〜3週間前に販売を開始する。購入はローソンチケットで、試合当日まで先着順で1人4シートまで購入できる。

 また、Webサービス「Twitter」を利用し、Tigersケータイユーザー限定のTwitterが提供される。これは試合中(前後30分含む)のみ公開し、タイガースのOB選手が書き込むもので、Tigersケータイユーザーのみ閲覧、書き込みができる。参加予定のOBは、亀山努氏、川藤幸三氏、工藤一彦氏、中田良弘氏など。

 オリジナルコンテンツとなる「待受アプリ」は、選手画像や球団関連ニュースが定期的に更新され、専用Twitterやポータルサイトへアクセスできる。今夏からは動画配信や試合速報を常時表示する専用サイト、球団OBによる戦評、選手談話のメール配信などが提供される。

 甲子園球場のプロモーション広場や球場そばのタイガースショップ アルプス、東京のタイガースショップ神宮スタジアム通り店でチラシを配ったり、商品を展示したりして周知を図るほか、携帯・PC向けサイトで販売される。

 

GIANTSケータイ

GK-SH005

 6月30日開始(6月10日予約受付開始)の「GIANTSケータイ」は、読売ジャイアンツファン向けの携帯電話サービス。提供される携帯電話は、SH005ベースの「GK-SH005」(サクラピンク、ハニーイエロー、チョコミントブルー、モーニングホワイト、ベリーレッド、フィールドグリーン、ナイトブラック)となる。スペックはauのものと同等。サービス開始時には、数機種追加される予定という。

 7月2日〜9月23日、東京ドームで開催される主催試合のチケットのうち、ファールグラウンドそばの特別席やS席、A席、B席のペアチケットが抽選で約1000組2000名にプレゼントされる。そのうち3割は、ファールグラウンドにせり出した特別席になるという。プレゼントされるチケット数は、2011年度以降、加入者数に応じて増加する予定。

 バッティングフォームやピッチングフォームの動画を「GIANTSケータイ」経由で送信すると、OBが指導する「モバイル野球教室」が提供される。初年度は加入者全員が参加できる。また、加入者のみ閲覧、書き込みできるTwitterサービスも提供され、試合時(前後30分含む)にOBがつぶやく。参加予定のOBは、清水崇行氏、西岡良洋氏、水野雄仁氏、宮本和知氏、吉田孝司氏らとなる。

 日替わりで待受画像が切り替わる待受アプリでは、選手画像や名場面の写真が日々提供され、チケット販売情報や試合速報などが表示される。専用Twitterやポータルサイトへもアクセスできる。このほか、チケットの優先先行販売や、ファンイベントでのプレイゾーンイベントへの招待、動画配信が提供される。公式携帯サイト「MoibleGIANTS」も利用できる。

 Webサイトか郵送で申し込む通販で契約できる。東京ドーム内のコンコースでサービスの紹介などを行う。

 



(関口 聖)

2010/4/30 13:05