記事検索
最新ニュースIndex

アップル、日本含む9カ国で「iPad」を5月28日発売


iPad

 アップルは、米国で販売中のタブレット型端末「iPad」を日本など9カ国で、5月28日に発売する。

 「iPad」は、9.7インチのマルチタッチディスプレイを装備したタブレット型端末。無線LAN(Wi-Fi)のみ利用できるWi-Fi版と、携帯電話のネットワークで通信できるWi-Fi+3G版が用意されている。米国外での発売については5月末に開始される方針が示されていたが、今回、正式な日程が明らかにされた。

 それによれば、日本やオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国の9カ国において、5月28日より「iPad」を発売する。直販サイトでは5月10日より予約を受け付ける。オーストリア、ベルギー、香港、アイルランド、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、シンガポールでは6月より販売される予定。Wi-Fi+3G版については、Apple直営店とiPad正規販売店で取り扱われる。Wi-Fi版は、さらに直販サイト(Apple Store)でも販売される。価格や予約の詳細は、後日、あらためて案内される。

 国内では、NTTドコモが「iPad」3G版向けプランを提供する意欲を示している。大型連休前に開催された決算会見ではドコモの山田隆持社長が「iPadの購入者で、ドコモ回線を使いたい人がいれば、回線を提供することを考えている」などと述べた。今回のアップルの発表を受け、ドコモ広報部では「現時点では山田(社長)が申し上げた立場から変わっていない。引き続き準備を進めていく」と説明。料金プランの詳細や提供開始時期などは明らかにされなかったが、前向きに取り組む姿勢となっている。

 



(関口 聖)

2010/5/7 22:57