記事検索
最新ニュースIndex

アップル、iPadのオンライン予約販売を開始、店頭予約は10時から


iPad

 アップルは10日、同社直販サイト「Apple Online Store」で、iPadのオンライン販売を開始した。オンライン販売で扱うのはWi-Fiモデルのみ。Wi-Fi+3Gモデルは店頭での受付となる。価格はWi-Fiモデルは16GBが4万8800円、32GBが5万8800円、64GBが6万8800円。Wi-Fi+3Gモデルは16GBが6万1800円、32GBが7万1800円、64GBが8万1800円。

ケーブル類やキーボードなどのオプションも用意

 Apple Online Storeでは、iPad専用のアクセサリやMobile Meなどのサービスも合わせて販売する。専用アクセサリはiPad Caseが3980円、iPad Dockが2980円、iPad Dockに装着して利用するキーボード「Apple iPad Keyboard Dock (JIS)」が6980円。カメラのUSBケーブルまたはSDカードでデジタルカメラの写真が取り込める「iPad Camera Connection Kit」は2980円。追加のiPad 10W USB電源アダプタ(ケーブル長1.8m)が2980円、iPad Dock Connector-VGAアダプタが2980円。

 このほかiPad専用ではないが、iPadとワイヤレス接続できる「Apple Wireless Keyboard」もオプションとして販売している。こちらはキー配列がJIS配列のほかUS配列も用意されており、価格はいずれも6800円。

 また、MobileMeメンバーシップは通常年間9800円のところ、iPadと同時に注文すると3000円割引の6800円となる。

Wi-Fi+3Gモデルは店頭予約のみ

 Wi-Fi+3Gモデルは店頭のみの受付となり、ソフトバンクショップの一部のほか、ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店の一部でも5月10日10時より予約販売を開始する。

 Wi-Fiモデル購入者は、ソフトバンクWi-Fiスポットを2年間利用できる権利「ソフトバンクWi-Fiプランカード」を追加料金なしで取得できる。また、Wi-Fi+3Gモデルでは、ソフトバンクが専用の料金プラン「プリペイドプラン」と「データ定額プラン」を用意。なお、ソフトバンクモバイルによれば、iPad正規販売店で取り扱われるiPadは、ソフトバンクモバイルのSIMカードのみ利用できる、SIMロックが施された製品になるという。

 「(iPad専用)プリペイドプラン」は、1回のチャージごとに、前払い基本使用料を4410円支払うもの。チャージの有効期間は30日間または1GBに達するまでなので、継続的に利用するには30日間で最低でも4410円がかかることになる。

 「(iPad専用)データ定額プラン」は、月額4410円の定額プラン。データ定額プランの利用にはウェブ基本使用料315円が別途必要となる。定額プランでは24カ月間、基本使用料などから1500円割り引きされる「iPad向け月月割」が適用となる。「iPad向け月月割」は、2年契約(自動更新)となっており、更新月以外で解約すると、契約解除料9975円がかかる。

 なお、いったん定額プランを解約してから、プリペイドプランを新たに契約してiPadを利用することもできる。海外での通信は、3G携帯電話と同様に国際ローミングの通信料がかかる。

 

(工藤 ひろえ)

2010/5/10 06:18