記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、新広告キャンペーンで渡辺謙、堀北真希らを起用


 NTTドコモは、新たなスローガンとともに新しい広告キャンペーンを5月11日より開始する。スローガンを「ひとりと、ひとつ。walk with you」とし、パートナーのように身近な存在になっている携帯電話とユーザーの関係に焦点を当てた内容になっている。

 新しいテレビCMでは、第1弾として渡辺謙、岡田将生を起用した「岡田と謙さん」篇が5月11日より放映される。第2弾は木村カエラ、堀北真希を起用した「堀北とカエラ」篇で、5月18日より放映される。CMではそれぞれ、渡辺謙と木村カエラがパートナーの“携帯電話”として登場。持ち主に寄り添いながら、親しい友達、頼れる友人という携帯電話の役割を演じている。

 10日には都内で記者向けに発表会が開催され、CMに出演した渡辺謙、岡田将生、木村カエラ、堀北真希が登場。新しいCMのみどころなどを語った。

 CMのテーマともなっている、“携帯電話との理想の関係”について渡辺謙は、「理想というより、仕事上遠くに行くことが多いので、家族とつながるためのライフラインです」と語り、人に例えると「チームメイト」とした。また、岡田将生は、「携帯は常にいてほしい存在。親友みたい」、木村カエラは「友達」、堀北真希は「いないとすごく困ってしまう」と、なくてはならない存在になっている様子を披露した。

 会場で新しいテレビCMが披露されると、渡辺謙はCMの依頼が来た時に「この歳で(携帯電話の)かぶりモノは嫌だなぁ〜って思いました」と会場の笑いを誘い、「非常に人間っぽい携帯電話の役ということで、楽しませてもらいました。難しかったし、楽しかったのは、使ってくれるユーザーとの距離感、立ち位置ですね。微妙な距離感、空気感をどう表現しようか考えました」と演じた感想を語った。

 木村カエラは、堀北真希と初めて一緒に仕事をしたとのことで、最初は緊張していたものの、長い時間を過ごす中で緊張もほぐれていったという。CMの中では、携帯電話役の木村カエラが着信音を歌う場面が登場するが、この曲はCMをイメージして制作された木村カエラの新曲で、キャンペーンCMソングにもなっている。その曲については、「口ずさんで、電話っぽく聞こえる言葉を選びました」と制作過程についても語った。

 渡辺謙が演じる携帯電話のユーザーとなった岡田将生は、「渡辺謙さんと共演すると聞いて、嬉しかった。撮影現場では少し、お話をさせてもらいました」と感想を述べた。

 堀北真希は、「携帯電話は、自分がうれしい時も悲しいときもそばにいていくれる存在だと、撮影であらためて感じた」とのことで、木村カエラと共演し徐々に打ち解けていった点については、「(現場では)たくさんおしゃべりしたのに、CMでは最後のシーンぐらいで逆に不思議だった」と語っていた。

 なお、今回のCM発表会では、トークショーが終了すると、現在ダースベイダーが「Who is my boss?」のキャッチフレーズで展開している謎の広告が流れ、会場にダースベイダーが登場。「ここにもボスはいない」とメッセージを残して去っていくという一幕もあった。同キャンペーンでは、ダースベイダーが全国を行脚して「ボス」を探しており、今後もボス探しは続くようだ。

 


(太田 亮三)

2010/5/10 16:08