記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、Xperiaで誤配信の更新ファイルは正式版


 NTTドコモは、5月28日にXperia向けとして誤配信した更新ファイルについて、すべての検証を終了し、正式版となることを明らかにした。誤配信された更新ファイルを適用した端末について、当初は店頭の故障取扱窓口での対応を案内していたが、今回の発表により故障取扱窓口に預ける必要は無くなった。

 ドコモは、5月28日17時25分〜20時3分の3時間弱の間、Xperia向けにソフトウェアアップデートを行う更新ファイルを誤って配信した。OSのバージョンアップではなく、機能の追加や改善が主な内容となっている。端末によっては、ポップアップなどで更新ファイルの存在が自動的に通知されたほか、手動で確認を行い、更新ファイルをダウンロードすることも可能だった。なお、誤配信における更新ファイルのダウンロード数は約5800件。

 ドコモは誤配信の件について、28日夜に急遽案内を行い、「正式なバージョンアップファイルではないため」として、ドコモショップの故障取扱窓口で対応すると案内していた。これは、「検証が済んでいなかった更新ファイルを誤配信した」(ドコモ広報部)ために取られた措置で、その後、すべての検証を終了させた結果「31日に問題がないことを確認した」(同)という。誤配信したファイルは、正式な更新ファイルとして6月中旬に配信されることになった。

 なお、更新ファイル適用後に追加される機能や改善点などについては、6月中旬の配信開始時に案内される。

 



(太田 亮三)

2010/5/31 15:54