記事検索
最新ニュースIndex

5月の携帯・PHS契約数、2カ月連続でソフトバンク純増首位


 電気通信事業者協会(TCA)は、2010年5月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 5月末での携帯電話純増数は、ソフトバンクモバイルが25万1100件(ダブルナンバーは300件の純減)、NTTドコモが11万3200件(2in1は6700件の純減)、イー・モバイルが5万5800件、au(KDDI)が5万4700件となった。MNPの利用件数を見ると、ソフトバンクが4万9700件の転入超過(プラス)となる一方、ドコモが2万4900件、auが2万4400件、イー・モバイルが300件の転出超過(マイナス)を記録している。

 各社の純増数のうち、3Gサービスのみを見ると、ドコモが22万件、ソフトバンクモバイルが25万1100件、auが6万6400件、イー・モバイルが5万5800件の純増となった。携帯電話のインターネット接続サービスについては、Yahoo!ケータイが16万3400件、EZwebが5万4100件、iモードが1万2300件の純増で、イー・モバイルのEMnetは0件で動きがなかった。

 プリペイド契約は、ソフトバンクが1万5000件、イー・モバイルが600件の純増を記録。auが6700件、ドコモが100件の純減となった。通信モジュールの契約数は、ソフトバンクが5万7900件、ドコモが2万7100件、auの通信モジュール系サービス用回線数が1万3900件の純増。通信モジュールの契約数には、通信対応デジタルフォトフレームの契約数などが含まれる。

 無線ブロードバンドサービス(BWA)となるUQコミュニケーションズは、2010年4月より毎月、契約数が公表されることになっている。5月末では1万8900件の純増となり、累計契約数は19万2600件となっている。

 一方、PHSでは、ウィルコムが9万4200件の純減となった。沖縄で2500件、北海道で200件の純増となったが、他地域では全てマイナスとなった。また、3Gサービスは前月より5000件増加した。PHSの累計契約数は400万件を割り込み、394万3400件となっている。3Gサービスを含めると、累計契約数は405万1200件となる。

 

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 113,200 56,349,900
KDDI 54,700 32,030,100
ソフトバンク 251,100 22,343,700
イー・モバイル 55,800 2,465,800
総計 474,700 113,189,500

【第3世代携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 220,000 53,894,000
au 66,400 31,804,600
ソフトバンク 251,100 22,343,700
イー・モバイル 55,800 2,465,800
総計 593,300 110,508,100

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード 12,300 49,037,600
EZweb 54,100 27,094,900
Yahoo!ケータイ 163,400 17,516,400
EMnet 0 51,300
総計 229,800 93,700,200

【PHS:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム -94,200 3,943,400
総計 -94,200 3,943,400

【BWA:加入者数】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 18,900 192,600


(関口 聖)

2010/6/7 16:27