記事検索
最新ニュースIndex

6月の携帯・PHS契約数、ソフトバンクが好調を維持


 電気通信事業者協会(TCA)は、2010年6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 6月末時点の携帯電話純増数は、ソフトバンクモバイルが22万9500件(ダブルナンバーは300件の純減)、NTTドコモが16万4600件(2in1は2400件の純減)、イー・モバイルが7万1500件、au(KDDI/沖縄セルラー)が6万1300件で、全社純増となった。MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の利用件数は、ドコモが1万7900件、auが2万2100件、イー・モバイルが600件のマイナスを記録する一方、ソフトバンクモバイルは4万600件のプラスとなった。なお、携帯電話全体で見ると、契約数は52万6900件の増加(前月比0.5%増、前年同月比4.8%増)となっており、累計契約数で1億1371万6400件となっている。またイー・モバイルの累計契約数が250万件を突破している。

 純増数のうち、3Gサービスでは、ドコモが26万8100件、ソフトバンクモバイルが22万9500件、auが7万5800件、イー・モバイルが7万1500の増加となる。また携帯電話のインターネット接続サービスでは、Yahoo!ケータイが14万4200件、iモードが2万3000件、EZwebが2万3200件とそれぞれ純増し、EMnetは1600件の純減となった。

 プリペイド契約では、ソフトバンクモバイルが1万4300件、イー・モバイルが1000件の純増で、auは5200件、ドコモは100件純減している。通信対応デジタルフォトフレームの契約数などを含む通信モジュールは、ソフトバンクモバイルが6万1500件、ドコモが4万5100件、auが2万1000件となった。

 無線ブロードバンドサービス(BWA)となるUQコミュニケーションズは、2万1300件の純増で、累計契約数は21万3900件と、20万件を突破した。

 このほか、PHSサービスのウィルコムは、6万1200件の純減。前月400万を割り込んだ累計契約数は、388万2800件となっている。ドコモ網を借り受けている3Gサービスのユーザー数は前月より4200件増加しており、PHSサービスの契約数とあわせると、ウィルコムの累計契約数は399万4900件となっている。

 

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 164,600 56,514,500
KDDI 61,300 32,091,400
ソフトバンク 229,500 22,573,200
イー・モバイル 71,500 2,537,300
総計 526,900 113,716,400

【第3世代携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 268,100 54,162,200
au 75,800 31,880,500
ソフトバンク 229,500 22,573,200
イー・モバイル 71,500 2,537,300
総計 644,900 111,153,200

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード 23,000 49,060,600
EZweb 23,200 27,118,100
Yahoo!ケータイ 144,200 17,660,600
EMnet -1,600 49,700
総計 188,800 93,889,000

【PHS:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム -60,600 3,882,800
総計 -60,600 3,882,800

【BWA:加入者数】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 21,300 213,900


(関口 聖)

2010/7/7 16:00