記事検索
最新ニュースIndex

米Apple、iPhone 4のアンテナ感度問題でバンパーを無償配布へ


 米Appleは米国時間16日(日本時間17日未明)、米国で記者会見を行い、iPhone 4のアンテナの感度問題の対策として、周辺機器の「Bumper」(バンパー)の無償配布を行うと発表した。日本での対応は発表されていないが、記者会見では米国外でもバンパーを無償配布するとコメントしている。

 iPhone 4は側面の金属製フレームがアンテナを兼ねている。iPhone 4は発売以降、本体の握り方によってはこのアンテナの機能が阻害され、通信品質が落ちるという問題が指摘されていた。米Appleではこの問題について、iPhone 4だけの問題ではないと反論し、ピクト行のアンテナマークに通信品質が速やかに反映されるようソフトウェアアップデートも提供した。しかし今回、iPhone 4の設計は一部のユーザーにとって問題があることを認め、純正の周辺機器であるBumperの無償配布を決定した。Bumperの装着により、アンテナ部に直接手で触れることがなくなるため、電波感度問題が改善されるとしている。

 記者会見では、来週後半よりAppleのWebサイトにおいて、Bumper無償配布の申請を受け付けると発表された。すでにBumperを購入した人に対しては、払い戻しも行うという。無償配布の対象となるのは、9月30日までにiPhone 4を購入したユーザー。ただし、Bumperはその生産数の関係から、ただちにiPhone 4ユーザー全員にBumperを配布できないため、Bumper以外のケースを選ぶこともできるという。

 さらに記者会見では、希望者に対して、iPhone 4の返品にも応じると発表されている。条件は、傷が付いていないことと、購入から30日以内であること。ただし返品の詳細な内容や日本における実施の有無については発表されていない。

 無償配布の詳細や日本での対応についてはまだアナウンスされていないが、すでにオンライン公式ショップのApple Storeでは、日本においても、Bumperの注文を停止し、「iPhone 4 Bumperまたは他のケースをiPhone 4のお客様へ無料で提供します」と記載している。

 さらに同記者会見では、iPhone 4が顔に当てられているかどうかを検出する近接センサーについて、その動作を改善するソフトウェアアップデートを次期iOSアップデートで提供することも明らかにしている。

 また、同記者会見ではホワイトのiPhone 4について、まず数量限定で7月末に発売すること、同じく7月末に、17の国・地域でiPhone 4の販売を開始することも発表された。



(白根 雅彦)

2010/7/17 06:40