記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、シャープ製Android端末「LYNX SH-10B」23日発売


LYNX SH-10B Red

 NTTドコモは、OSにAndroidを搭載したシャープ製のスマートフォン「LYNX SH-10B」を7月23日に発売する。

 今回発売される「SH-10B」は、タッチ操作対応の5インチ、960×480ドットのNewモバイルASV液晶を装備し、折りたたみ型のボディにフルキーボードを搭載したスマートフォン。パンタグラフ方式のキーに加えて、トラックボールも用意されている。ウィジェット機能として、mixi、Twitter、ブログ投稿などが手軽に利用でき、電子辞書機能が用意されている。ウィジェットはダウンロードで好みのものを追加できるようになっている。

 ワンセグに対応。YouTubeやWMV形式の動画を再生でき、Blu-rayディスクレコーダー連携機能や、DLNAサーバー機能も搭載される。spモード対応機種で、同サービスを使うことでiモードと同じメールアドレスを利用できる。530万画素のCMOSカメラを搭載しており、外部メモリとして16GBまでのmicroSDHCカードを利用できる。

 同端末は通話も可能だが、その場合はスピーカーホンでの利用か、イヤホンマイクなどを別途用意して利用する。

 連続待受時間は約410時間、連続通話時間は約270分。本体のサイズは83×148×17.8で、重さは約230g。カラーはRed、White。

White

 



(太田 亮三)

2010/7/20 15:55