記事検索
最新ニュースIndex

日本での「iPhone 4」返品は未定、RIMはアップルに対し声明


 ソフトバンクモバイルは、iPhone 4のアンテナ感度問題で米アップルがiPhone 4の返品も受け付けるとアナウンスした件で、日本では「未定」であるとコメントした。

 米アップルは、日本時間17日未明、米国においてiPhone 4のアンテナ感度問題に関する記者会見を開いた。会見では、アンテナ感度対策として、iPhone 4専用ケース「Bumper」を無償配布することや、すでにBumperを購入したユーザーには返金措置をとることを発表したほか、iPhone 4の返品(無傷、購入から30日以内が条件)も受け付けるとした。

 国内で独占的にiPhone 4を販売しているソフトバンクモバイルでは、今回の米アップルの方針に対して、現時点では対応を明らかにしていない。また、都内ソフトバンクショップの旗艦店においても、情報がまだないとして対応が明確に案内されていない状況だ。

 iPhone 4についてソフトバンク側ではコメントをしない方針で、今回の対応方針もアップル側に委ねている形だ。ただし、米アップルが購入30日以内に限り返品対応すると案内した件については、ソフトバンク側の回線契約が絡むため「未定」とコメントしている。仮に購入から30日以内だとすれば、6月24日の発売初日に購入したユーザーには数日しか返品を決断する期限がないことになる。

 なお、アップルでは、スマートフォンのアンテナ性能についてWebサイトに掲載している。この中で「ほとんどのスマートフォンで、持ち方によっては電波の強度が弱まることがある」と掲載し、iPhone 4のほかに「BlackBerry Bold 9700」「HTC Droid Eris」「Samsung Omnia II」「iPhone 3GS」といったモデルで、電波の減衰が起こると案内している。

 これに対して、BlackBerryを展開するカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)は、現地時間の17日、共同CEOであるマイク・ラザリディス氏とジム・バルシリー氏が声明を発表している。

 声明では、「アップルが自社の失敗にRIMを巻き込もうとしていることは容認できない」とし、アップルの主張は意図的に注意を逸らそうとするものだとコメント。「RIMはアップルがiPhone 4で試用した設計を従来採用しておらず、特に電波が弱いエリアで通話が中断されるリスクを軽減する革新的な設計を採用している。RIMのユーザーはBlackBerryの接続を維持するためにケースを使用する必要はない」としている。

 さらに声明では、「アップルは過去にデザインに関する決断を明確に下した。アップルはRIMや他社をアップル固有の問題に巻き込もうとするのではなく、その決断に対する責任を持つべきだ」と自省を促している。

 



(津田 啓夢)

2010/7/20 18:41